撮影完了・展示会準備は続く







 追加の撮影も終わってデータはすべて出来上がり!前回のモデル撮影では撮影しきれなかった全製品を写真に収めます。

-

アップだけでなく三面図もこの時に撮影。採寸結果と照らし合わせて、グレーディングのとき、この三面図を見ながら微調整も行います。

-

コートも良い、カットソーもいい、もちろん布帛のシャツやジャケットも良い。我ながら、よくできたと思います。が、自己満足かもしれないので結果が出るまで一喜一憂しないように。でもよくできたと思うな~、我ながら。こうなると、もう来年何作ったらよいのか不安になる瞬間もありますが、次に作る時は作る時で新たなアイデアはわいてくるものです。

-

昨日も、22SS、来年の春夏で作る製品をだいたい一覧にまとめました。まとめるの自体は、1-2時間でできるのですが、それまでに約半年頭の片隅に常にあります。もっと言えば、一年中、春夏秋冬の服は常に頭のどこかにあり、時々で「この組み合わせいいな」とか「この仕様をこれに組み合わせたら」とか、メモしたり、写真を残したり。そういう普段の積み重ねがあるから、最後のまとめは1-2時間で出来上がるのです。

-

昔はこんなこと出来ず、毎月1品番、何を作ろうか?どういう型紙にしようか。もっと長い時間をかけて悩み悩み作っていました。毎月繰り返すのが訓練になり、毎月1品番が2品番になり。毎月企画していたのを、半年分するようになり・・・といった風に一段づつできるようになってきたつもりです。

-

という事で、今目の前に展示会でお見せする製品は実は半年以上前に自分が欲しいな、見てみたいなと思った物。それがやっと、まとまった形になるのが展示会です。たかだか、服を何着か並べて見せるだけなのですが、そんなことにも物理的に作るのに時間もかかるし「まとめられる」ようになるには、人間自身がそれをできるようになるための鍛錬の時間が必要なのです。楽しんでいたので、鍛錬とは思っていませんでしたが。言葉にするなら・・・う~ん「必死」。必死で自分が何を作りたいのか、何なら他に負けないものが作れるのか。どういう工夫ができるか、常に必死で考えて来たなというのが本音の感想です。

-

40過ぎると「30代は楽しかったでしょう?」と聞かれることがあります。その答えも「必死だったので、楽しいもつらいも、感じなかったのか。覚えてないのか。とにかく、必死だったなという印象しかない」です。そして、相変わらず今も目の前に仕事には一生懸命です。という事で、明日は展示会レイアウトや、お見せする参考資料のキャプションなどなど・・・まだまだ、仕事は続きます。

WORKERS 2021FW 製品展示会のご案内


 

毎度おなじみ、WORKERS展示会。3/6-7、中目黒で開催です。
土日はエンドユーザー様用に会場を開けています。ご予約など無し、どなたでもご入場いただけますので是非お立ち寄りください。たぶん、そろそろ疲れ切った私がご案内させていただきます。

どうしても、展示会の前後は休みが取れず、一か月ほど、休みなしという状態になります。結果、エンドユーザー様向けの展示会頃が疲れのピーク。気持ち的には疲れてないのですが、40も過ぎると体は正直です。

展示会中、毎晩10時過ぎには寝るようにしてますがそれでも中々回復しない。
さらに、今は緊急事態宣言も出ているので夕飯食べるのも一苦労。どうやっても朝・昼はコンビニごはんはなので夕飯だけは暖かい物食べたいなぁ~。

21FWの製品、ウェブページにもアップしました。

http://www.e-workers.net/store/upcoming.htm#2021fw

週末はプリンタの設定、モデル撮影の追加、岡山展示会のレイアウトなどなど。ほんとに一人だといっくら仕事やっても終わりが見えないです。でも一人で頑張ります。















http://www.e-workers.net/store/202102/top.htm


2月納品製品、先週卸先様に、本日WORKERSに直接ご注文いただいたお客様へ発送いたしました。


今月は久しぶりに登場の60/40 Shirt Parka。前とまったく同じではなく少し前傾させたパターン。パーカーはどうしても重みで後ろに抜けやすい。それを少しでも抑えられるよう、パターンを修正しました。

Linenを中心にしたRelax JKT。まだちょっと早いですが、5月から夏の終わりまで、私も着ようと思って黒・生成り買いました。今月は、春夏アウターの納品ピークなので買った製品が多い!

W&G JKTも自分は着ないかな~と思いながらも、やっぱり新型は着たくてBeigeを買ってしまいました。でも、Freeportさんが各色着てるの見ると他の色も良かったなとちょっと後悔。

チノパン2種類。SlimとStandard。Slim、数年変えていないシルエットは21SSで一度終わり。21FWは若干また上浅いバージョンかつ、SSの割りと違い、脇ダブルステッチに変更になります。私自身はStandardのUSMC Khaki買いました。前に買ったVintage、かっこいいのですがちょっとあの太さがデザインに見える時がある。何でもない太さも試してみたくStandardに。

ボタンダウンみたいに、継続して作っている物、変更点の無い物は検品分をしっかり見るだけの時もありますが、やっぱり新型は着てみたい。(新生地も)で、結局、ものすごい量の自分用購入が増えてしまうのですが、まぁ、料理人でいう味見と同じなので仕方が無いですね。やっぱり、出来上がった服着るのが一番楽しいし。昔は、人が作った服を見たり・着たりする機会も多かったし、楽しめてもいたのですが、最近は自社の服の方が多くなってきました。これが自分が「当事者」になったってことなのかなと思います。

作れば作るほど、着れば着るほど、もっといい物というか、また一味違う物を作ってみたい、着てみたい。単純に言えば「もっと服作るの、上手くなりたい」とやっぱり今でも思います。ロバートジョンソンみたいに、悪魔に魂売ってでもうまくなりたいですが、そんな悪魔居るんだろうか?

WORKERS 2021FW

 


すっかりインスタばかりでブログがご無沙汰になってしまいました。あけましておめでとうございます!(2月ですが)

そして、2021FWのカタログ&Look bookが完成しました。
また、展示会で紙カタログも配布しますが、PDFもご用意いたしました。


21FWカタログ

https://firestorage.jp/download/0d51c6ef01bd46aeae512947723d48cf1a4d080d


21FWLook

https://firestorage.jp/download/a3470f4323da5b2537fd183c67d7d1093fc245ae


最近は長くお取り扱いいただいている店舗様でしっかり販売していただいているので全然ご新規の取引先様が増えません。もし、お近くのお気に入りのお店がありましたら是非「WORKERS扱おうよ!」とアプローチお願いいたします。私がアプローチするよりお客様の一言の方がよっぽど営業になります。






Delivery, Nov

 



http://www.e-workers.net/store/202011/top.htm

11月納品製品、今週取扱店様と、WORKERSにご注文いただいたお客様に発送完了しました。

今月は少なく2品番だけです。
今シーズンは在庫ほとんど作っていないのですが、M-65を間違えて多く作ってしまった分をオンラインストアにアップしました。

https://e-workers.stores.jp/

ODとSage Green、どちらもサイズLなのであまり需要があるとは思えないのですが・・・私が着られるサイズなのでしばらく売れなそうならどちらも自分用で。

最近、寒くなってきたのでシャツに厚手セーターを着ることがよくあります。いわゆる「シェットランドセーター」的な物を今年はよく手が伸びるのですが、あれを着ると上着に困ります。ぴったりフィット目ならジャケットでも着られるけど、いまはちょっとセーターもゆったり着たい。そうなると、相当袖が太いシルエットじゃないと上にジャケットは着づらい。今期だと、Harrington Jacketあたりは着られるのですが、Lounge JacketとかMaple Leaf Jacketはきつく感じる。逆に、シャツ+ハイゲージニットだと、あのぐらい細くないともっさりして見えます。

何年経っても、何着たら上にこれで、きついとか、ゆるいとか。我ながら平和だなと思いますが、「何が着たいなぁ」「これが動きやすいし、雰囲気も合うな」とか。そんなこと考えているのが一番楽しい時です。

こうやって、楽しんで着ることが次作るもののアイデアにもなるし、自社製品のシルエットや仕様を再検討するきっかけにもなる。自社の製品を着たいなという気持ちがなくなったらいよいよWORKERSも終わりですが、今のところ、そういう兆しはないです。









2月・納品予定製品の詳細をアップしました

 http://www.e-workers.net/store/202102/top.htm








2月納品予定製品の詳細をアップしました。

 http://www.e-workers.net/store/202102/top.htm

・久しぶりのMountain Shirt Parka、パターンを若干前傾に変更して

・Relax Jacket、リネンとブラックシャンブレーでゆったりしたシャツジャケット

・W&G Jacket、そう、W&Gです!が、普通にライトなアウターに修正して

・Officer Trousers Slimと、膝・裾をもう少し広くしたStandard Fit


個人的には、Relax JacketとFWP Trousers、いずれもリネンのセットアップで春・夏を涼しく、でもTシャツ短パンにはならないで乗り切りたい!でも実はリネンよりブラックシャンブレーの方がさらに涼しいので、どの生地をオーダーするかいまだ悩み中です。ECRUはかっこいいけどセットは自分のキャラに合うかな~。

新しいStandard Fitのチノも試してみたいし、W&G Jacketもなんだかんだで着てみたい。そうやって言い出すと、どれもこれも欲しくて困るのですが。

我ながら、毎年同じようでいて新しい物は作っているのでやっぱり欲しくなります。自分が欲しいと思えるような物が作れなくなったら引退します。

Lot 802 Black Washed,ショッピングサイトにアップしました




https://e-workers.stores.jp/

Lot 802 Black Washedをオンラインストアにアップしました。

加工といっても、ヒゲやハチノス、モモ部分をこすって色は落とさず、全体のトーンをグレーになるように落としています。

ブラックは自分で穿いて行ってもこの加工のように全体に色が落ちつつ、セルビッジや巻き縫いにパッカリングが出ます。ロープインディゴ染めと違って、芯まで染まっているチーズ染めなので、ヒゲのような線上の色落ちはほとんど出ません。凹凸が出る程度。

もともと、私自身トラウザーズよりやっぱりジーンズをはいてしまう。それは、上にボタンダウンシャツを多く着るようになってもジャケットを着るようになっても変わらず。そうなると、インディゴのジーンズは合わせが簡単なようで難しい。いわゆる「グレーのトロピカルトラウザーズやフランネルトラウザーズ」のような色味で、ジーンズのように気楽にはけるものが無いか?と作ったのがブラックジーンズでした。

作ってみると、やはり合わせるのがカジュアルだろうと、もう少しクロージングよりだろうとなんでも楽。そのうえ、きちっとねじれて、表情が出るキバタのブラックジーンズはありそうで少ない。それもそうだろうと思ったのが、作ってみると、インディゴロープ染色より硫化チーズ染色のほうが糸染のコストが高い!!!生地になると、びっくりするぐらい高いのですが、まぁ、インディゴと値段変えるわけにいかないよなと無理やりワンウォッシュは同価格で出してます。加工分は加工賃が乗って少しお高いですが、時間をお金で買ったと思ってもらえれば幸いです。

もう一つ、「作ってみたからわかったよ」なのですが、ブラックジーンズはWORKERSのインディゴ以上に柔らかいです。ホワイトは逆に硬い。染色は色によっても、また染め方(ロープなのか、チーズなのか、トップ・綿染め)なのかによっても違ってきます。私自身、ついつい秋冬は楽だし、シックな色目も季節に合うしでブラックばかり穿いてしまいます。今年は、Maple Leaf Trousersとか、801 indigoも穿きたいのですが、果たして日々手を伸ばすのはどれになるか?