ダッフルコート型紙の工夫

 




久しぶりに超マニアックというか「誰が知りたいんだよ、そんなこと」という話。

-

ダッフルコートの型紙、身頃にヨークが乗っかります。ビンテージを見ると、ヨークは前・後ろがくっついた長い形をしている。理由は肩部分。異様なまでに厚みのある生地なので、身頃の肩部分の縫い割りと、ヨークの縫い割りを重ねたくなかったのでしょう。

では、WORKERSも同じことができるか?といえばダメ。身頃にしっかりタテストライプ状に柄がある。これで、ビンテージと同じ型紙にしてしまうと、後ろ身頃はストライプの方向が合うけど、前は合わない。という事で、最初は真ん中の型紙。身頃も、ヨークも、同じように割って作ってみました。が・・・なんとか縫えてるけど、サイドネックと呼ばれる、首と肩線の当たる位置が、異様な厚みでゴリゴリとなんとも着づらい。

そこで考える事しばし。何とか、この身頃の肩縫い目線を移動できないか・・・過去作った製品で肩線の無い製品は無かったか・・・あった!フットボールTだ!

-

どんでもないところから身頃のアイデアを持ってきました。でも作ってみるとばっちり。

肩部分は厚みが減る。身頃をつなぐのは後ろ中心と、その少し下部分。ちょうど、上に乗るヨークできれいに隠れる。身頃の縫い目もしっかりアイロンで割って、押さえのステッチをかければデコボコした感じもしない。固さもない。

-

自分で服を作る時は、過去の様々な製品を見て、合理的だったり綺麗だったり、良い作り方は真似ます。でも今回のは珍しくそういう真似ではない、我ながらよくぞ考えついたなという方法でした。世の中のダッフルコートヨーク地の目問題で悩まれているパタンナーさん、この展開方法はお勧めです。

WORKERSのボタンダウンシャツができるまで

デザインの過程・古着、現行品の研究から・・・

WORKERSのボタンダウンシャツ。今では定番に成っていますが、それをどうやって形にしていったかのお話。
ボタンダウンシャツ。ある意味、デザインが完成され過ぎてしまっているので、何をどうデザインしてよいのか、最初はわかりませんでした。
-


-
そのため、一番最初に作ったボタンダウンは最初から飛び道具でフロントラウンドデザインの隠しボタンダウン。「デザイン」というのが、「寸法」「色」「素材」「縫製」「パターン」すべてに及び、もっと言えば、販売したい数量とか、販売方法とか、そこまで全部まとめて「デザイン」だというのがわかっているようで今よりはわかっていなかった。だから、まずは「形」とか「ディテール」から手を付けて行ったのだと思います。

-
当時は製品を作りながら勉強も続けていました。(今もですが)デザインするためには、まずその物自体を良く知る事が大事だと考え、王道のブルックスやハサウェイ。さらに、現行品でもインディビジュアライズドシャツ、ギットマン、アイクベーハー、トムブラウン、バンドオブアウトサイダーズ、ビリーリード。とにかく、「アメリカ製」のボタンダウンをかたっぱしから購入。現物から感じる雰囲気、自分で着た感覚、縫製方法、各部の寸法、ボタンの風合いなどなど。
比較検討して、自分にとって「これは良いな」と思う生地は何か?縫製は何か?寸法は何か?といったように、「良いな」と感じる部分はどんな「規格(スペック)」なのか、検討を続けていきました。
-





そうして、徐々にぱっと見は「普通のボタンダウン」。でもWORKERSらしいデザインが随所に込められたシャツが徐々にできていきます。
ただあくまでこれは「その時に良いな」と思ったデザイン。時とともに良いなと感じる寸法も、ディテールも変わる。特に寸法は「時代を感じさせるフィッティング」を実現させる寸法(具体的には当時はタイトフィッティング全盛だったので肩幅が狭く、丈も短い)と「機能として必要な寸法」のせめぎあいでした。


縫製仕様も今以上に「ワークウェアと言えばWORKERS」「WORKERSらしさ」を大事にしたいと思い、脇は細幅の巻縫い。最近定番の極細折伏せ縫いのやり方がまだわかってなかったのもあります。

縫製仕様は工場の設備の制約でもあり、逆にそれがデザインにも感じられる部分。服作りは、単純に「ここは端から何ミリステッチで」と指示するのではなく、「この部分はこのミシンで縫う。この工場には何ミリ幅のミシンがある。製品の品質・テイストにも合致するからこの仕様でいこう」といったように、単純なデザインではない。服作りの文法と私は昔よく考えていました。最初はその文法がわからないから、なぜ古着が、現行品が、そこをそう縫っているのかわからない。
-
わからないなりに、自分自身でこのミシンを使うのか?あのミシンなら縫えるのか?この金具を使えば?結局は自分で縫って、わからなければ周りに聞いて聞いて聞いて。でも聞いても中々すんなり答えは見つかりませんでした。というのも、目指しているのはアメリカ製の大量生産的な製品。それに対し、日本・岡山は似たミシンはあっても作る量が全く違う。だから、完全にそれ専用の機械やラインを作るのではなく、ある部分はアイロンしたり、ある部分は金具を使わないで見えない部分をとめて置いたり。「見た目は似ている」けれど「本来の作り方とはちょっと違う」ことも多かったです。
-
当時は「なんだ、イミテーションか!」って憤ったりしましたが、今考えると、条件が違い過ぎるから作り方も違って当たり前。
昔だったら大量に作ったから、そのためだけにミシンも、金具も用意できた。
求められる品質も今と違って、金具や専用ミシンを使った結果、多少よれようと何しようとOKな部分も多々。(ただ、現代では出来ないぐらい本当にきれいに縫えてるものもあります。昔のものは何でもかんでもへたくそというのは間違いです)
-
デザインは繰り返し同じものを作りながら、徐々に変わっていくものです。
というより変わらないと、時代に合わなくなる。だから、WORKERSのボタンダウンは今でも同じようで変わり続ける。それはパターンも、縫製も、使う生地も。できるまでと言いながら、結局、完成は無いのがデザインなのかもしれません。

Forty thousand dollars





最初にサンフランシスコに取材に行ったのが2008年。もう13年も前の話です。

-

写真はjimさんに連れて行ってもらったNeustadter一族の会合。資料は色々持たれていましたが、もともと持っていたものよりはebayで集めたものが多いと言われてました。

-

話の中身は結構身も蓋も無い話で、結局当時、まとめずじまい。要約すると、何代目かの経営者が服のビジネスに全く興味がない。というより嫌いだった。だから、ビジネスを売ってしまったという話。現代の日本の中小企業でも、工場やってて二代目・三代目は「こんなもうからない商売やりたくない」って事業を売却してしまう。よくある話です。

-

当時、私はWORKERSを始めたばかり。向こうでアテンドしてくれた友人のjimさんとバークレーの門の前で座った話をよく覚えています。タカシはこれからどうするんだ?と聞かれ、まずはレンタルしているCADを買う事。ただ、CADは当時、出力機を入れて300万円ほどする。WORKERSの年間売上はForty thousand dollars。400万を英語でなんというんだっけ???と悩んだのでよく覚えています。

-

当然、生地を買ったり作ったり。縫製工賃に部品代もかかり、400万円はあくまで売上。そんな状況でどうやってCAD買うんだ?と悩んでいたのを良く覚えています。

Tie Clip








しばらく在庫の無かったタイクリップが再生産出来上がり、Storesにアップしました。

https://e-workers.stores.jp/

たぶん、21世紀に「要るか要らないか」だけで考えると、ネクタイ以上に微妙な立ち位置。でも、地味で、小さくて、目立たないタイクリップはWORKERSが考えるスタイルを完成させるにはどうしても必要なので作り続けています。

ニットタイでも、レップタイでも。どんなネクタイでも、たまにクリップをつけると「びしっ」と締まります。ただ、「ネクタイはしてもクリップはつけない」という選択肢もあって、ゆらゆらするネクタイも良いものです。ネクタイの剣先をシャツに突っ込んでも良い。

「どうやって着ようかな?」と考える為には、クリップが無いとダメなのです。クリップがある、そのうえでそれをつけるのか、つけないのか。逆説的な考え方です。

Days

 インスタでは連日、目下作成中の来春夏。2022年春夏製品の試行錯誤をアップしているので見飽きたと思いますが・・・続きです。


2022年春夏で作る生地、グレンチェックのシュミレーションです。

この後「マス見本」と呼ばれる、実際に、糸をタテに何種類か、ヨコに何種類かかけて試し織りしてみて織る色を決めます。


糸、あたかもウールのようですが綿です。Yarn Dyed Twillと秋冬までは呼んでますが、次の春夏からは名前変えようかと思います。明らかにTop Dyedの糸です。

ワタの段階で色を染めてから糸にする。単色だと、糸染とさして変わりませんが、違いが出るのが複数の色ワタを混ぜた時。「杢」とか「メランジ」とか呼ばれる色調になります。これが綿であってもウール風に見える。生地に織り上がった後も、糸染のパキっとした雰囲気とは違う、「ウールっぽい」雰囲気になるのです。とにかく私はこの「杢」が大好きなんです。



でも作るのは大変。なぜか?トップ色糸を作るの自体、かなりの量を作らないと非常に効果に高価に成ってしまう。ではなぜ高価になるか?

一番の原因は、糸を作るラインを掃除する時間です。通常、糸屋さんは基本的に白というか、生成りのの糸を延々作ってます。色のついた糸を作るとなると、建物の棟というか、ラインを完全に分けないと生成りの糸に色が混じってしまう。いわゆる「飛び込み」が起きるのです。

ラインも分けたうえに、色糸のラインは色が変わるたびに徹底的に掃除が必要になります。そうすると、大量に糸を作ればその掃除の時間が大量の分母で割ることになり、ある程度、単価は抑えられますが、少量でやると非常に高い物になります。

この糸自体は、とある生地屋さんが柄物とは別用途にある程度の量で仕込んでいるものです。それを分けてもらい、WORKERSでは柄物を別注で作ろうという企画です。

織りから仕上げまで、すべて尾州、ウールの産地でやるのでまたウールっぽい綿生地になるのです。この春に、同じ生地の無地バージョンをBlazer・Sport Coatに使いました。私自身も着ているのですが、7オンスの適度な厚み。綿なので当然ある程度シワは出来るのですが、不思議と吊っているとシワが伸びる。

材料も凝ってて、生地にするのもわざわざ綿生地産地じゃなくてウール産地でやる。色々とお高くなってしまうのですが、それでもチャレンジしたくて作り出しています。2022年春夏をご期待ください。(その前に今の春夏も21秋冬も売れてほしいのですが)

7月納品製品・詳細アップしました









お待たせしました、WORKERS、2021FWの初回納品分。製品詳細をアップしました。ホームページのトップよりご覧ください。

http://www.e-workers.net/


今月はあえてボタンダウンではなくレギュラーカラーシャツ。いい加減、手持ちのシャツがボタンダウンだらけなので作ってみました。単純にボタンダウンのボタンを取っただけではなく、襟を新たに描きなおしています。

ボタンダウンの襟そのままをレギュラーカラーにすると襟が長く見える。それもそのはずで、ボタンダウンは襟先を身頃に止めるのでロールができ、結果襟が若干小さく見えるのです。ロールは無いレギュラーカラーでもあの見え方と同じぐらいになるように、寸法を微調整してます。

チノパンはSlimがまた上若干深くしたので自分でもはいてみたい。以前はあのまた上浅めが好きだったのですが、最近はどうにも落ち着かなくなってきて。

Lounge Jacketも身幅をゆったり、袖を太く。胸ポケ・内ポケ無しでカーディガンのように着られるリラックスした型紙・仕様に変更。

真打デニムジャケット。バックルの作るの、打つ事の大変さもさることながら型紙がいわゆるファーストよりも213に近い型。肩が落ちて、袖が太く、襟が左右180度近い開き。内ポケットもあり、いわゆるレプリカではない形です。着丈の60前後もギリギリで、これ以上長いとGジャンらしさが無くなる。でも、これ以上短いと「やっぱり短ランだよな~」と着づらくなる。未防縮の生地なので、どうしても誤差は出ますが、出来る限りバランスよく。その物ズバリの寸法と、それを少し違う方向に持っていく修正。塩梅が非常に難しかったです。 

WORKERS 展示会ご来場ありがとうございました

WORKERS2021FW展示会、ご来場ありがとうございました。


週末は多数のエンドユーザー様にお越しいただきありがとうございました。

卸先様は時節柄お越しいただけないケースもありましたが、発注を集計した結果はまだ昨年より多くのご注文をいただいてしまいました。ありがとうございます。
おかげで、2022SSもまた新たな製品にチャレンジできます。

21FWのオーダーも中には生地が無い、部品が無いでオーダーを減らしていただくこともあり心苦しいのですが、ご容赦ください。


で、展示会が終わってから今までSNSやブログをほったらかしていた原因は、ひとえにWORKERSにいただくオーダーが私一人でやるキャパを超えつつあるからです。

でも人は増やしたくないので、何とか、今まで以上に効率よくやる方法を考えます。

今日も、残ってしまった領収書の整理作業しながら「決めた日に決めた事をやらないと。ちょっとでも残すと後に響く」としみじみ感じました。


余りに規模が大きくなりすぎて、何か間違いがあってはいけない。21SSあたりから、品番を減らしたり、卸先様にも一部、お取引をお断りしたりと何とか全体の数量を減らす取り組みはしているのですが中々目論見通りにはいきません。その理由も何となくわかっていて、自分自身で製品作りながら、最近のWORKERSは「まぁ良くできてるよな」と感じます。あくまで「まぁ」ですが。自分自身で、自分のやる仕事を「完璧」とか思ったら先が無いので、どこまで行っても「まぁまぁ」です。

もちろん、出荷して間違いのないクオリティではありますが、それでも作ってる側からすると「まだなんかよくならないか?」と考えます。単純に「クオリティ」といっても、ただ、壊れなければ良い、綺麗に縫えてればよい、ムラの無い生地ならよいとかではなく。総合的に、作りたいものが目指す的(マト)に近いか、そもそも的(マト)が今の時代が求めるもの・自分が求めるものとズレてないか?

22SSもマトがずれないものを作りつつ、クオリティを維持できる量に落ち着くよう、製品の企画を進めていきます。


改めまして、エンドユーザー様、卸先様、ご来場並びにご発注ありがとうございました。