9月納品予定製品・詳細アップしました

 







https://www.e-workers.net/store/202409/top.html

9月納品予定製品の詳細をアップしました。

今月は

・新型、マルセルラサンスが元ネタのオープンカラーシャツ

・2PLYのTシャツ生地でスウェット風ロンTとカーディガン

・新型、Walcott Jacket。ベント無し、着丈短めの3パッチジャケット

・CAT DAY Coverallを秋冬バージョンで10オンス程度の生地バリエーション

のラインナップ。

今回は我ながらどれも欲しい。着たい。新型はもちろん、2PLYのカーディガンが一番試したい。


着脱ぎがしやすいように、肩幅・袖幅・肘・袖口と、すべての寸法を見直しました。以前のものは細く、すっきりして見えるけれど、着脱ぎが少し手間がかかる。それに対して、今回は

「着るときはスポッと手が袖口まで入り、袖口でフィットする」をもっとうまいこと感じられるようパターンを調整しました。あと、フロントのボタン。少し大きくしたのでこれも、ボタンをはめて・外してがしやすくなってます。

カーディガンは丸首のカットソーより売れません。でも、自分が着るから作ります。ただ、売れないものを毎回というわけにいかないので、今回作ったらしばらく登場しません。(Open Collar Shirtもそうだろうなぁ・・・)


私個人的には、そんなに売れなくても作りづけたいです。なぜなら、そういう品番は市場に出回る数が少ないので、売り切れはしやすい。作ったものがきちっと売り切れて、次も作れるのが一番大事なので。

が、WORKERSはあくまで協力工場さんに生地を作ってもらい、縫ってもらいます。そうなると、あまり売れないもの=スケールメリットが無いもの、は工場さんとしては作りたくないわけです。

ただ、これも難しい問題で、延々、スケールメリット、同じものをたくさん、安く、の方向性だった工場さんは今の時勢では立ち行かない。

適量を、適切なタイミングで作るのが大事。その適量が「メーカーの考える適量」と「製造サイドの考える適量」に乖離があるのが永遠の課題です。

Officer Trousers, Vintage, Type 2, Light Beige Chino

 






暑くなってきて、さすがにジーンズがきつくなりチノパンを一本おろしました。

Officer TrousersのVintage。古着ばりにぶっといチノパンです。

Vintageで脇がダブルステッチバージョン。


今までUSMC Khakiしか持ってなかったので今回はLight Beigeを自分用で買いました。

OW、タンブラーかけて軽くアイロン。これが、はきこんで普通に洗っていくと徐々に生地表面が起毛してくるのがチノ・ウエポンの特徴。ジーンズが育つのと同じようにチノパンも育ちます。

どんどん穿き心地が良くなり、つい手が伸びる。でも最後はボロくなってしまう。でも手放せない。以前作った、USMC Khakiがまさにその状態で、はくと色落ちがわかるぐらいになってしまったのですが、それでも捨てられない。


脇や後ろ中心、ダブルステッチ部分のぼこぼこした立体感も好きです。ドレスウェアとしてはNGですが、やっぱり、若かりし頃に古着見ては「かっこいいなぁ」と思った世代は、このパッカリングがあると嬉しくなります。


上は今年作ったシャンブレーのプルオーバーシャツ。肘上までまくれる、ゆったりした袖。

この写真撮影はタックインしましたが・・・



作業するときはつい、こんな風にラフに着てしまいます。

Officer Trousers, Vintage, Type 2, Light Beige Chino



 

白は200色あるそうですが、多分ベージュも200色ありそうです。

Officer Trousers Vintage。春夏でOysterという白っぽいベージュをやりましたが、それよりもう少し濃いというか、土っぽい色のLight Beigeも作りました。

https://e-workers.stores.jp/items/664fe7cf01165d28898cd139

会社に参考見本として集めている古着のチノパンの山を見ていると、どちらも「あるよな」という色。

単品で見ると、どっちも「ベージュ」にしか見えませんが、見比べると明らかに違う。

Oysterのほうが、80年代っぽいというか、オフィスカジュアルっぽく見えます。でもこんな色も1940年代ごろのミリタリーチノにもある。もう好みですね。

おなじみ、イタリアのEさんから「シャツと一緒にチノパンも送ってくれ!」と言われたのが果たしてどっちの色なのか・・・

写真送って悩んでもらいます。

Officer Trousers, Vintage, Type 2, Oyster Chino

 




https://e-workers.stores.jp/items/664c231a9793940030397a4e

ビンテージのチノパン、そのままのシルエットで作ったOfficer Trousers, Vintage。

Type 2の脇がダブルステッチ、巻き縫いバージョン。

個人的にはUSMC Khaki色を今まで穿いていました。そろそろぼろくなってきたのと、もっと「ザ・チノパン」色が欲しくて、このOysterという白っぽいベージュで作ってみました。

もう1色、Light Beigeも作ったので、そちらは明日アップします。


参考にしたのはこちら

https://www.e-workers.net/military/trousers_6254/1.html

スペックは1937年で、物自体は1942年ごろのものとラベルにはあります。ほぼデッドストックの個体は、パターンを取るにも、仕様の参考にもなる1本。

小股(フロントの一番下のボタンより下)にダブルステッチがあるのが、個人的には「このやり方も良いのか!!!」と、目が覚めた個体です。



裾幅が24センチもあるのでぶっといです。以前は私も裾幅18センチ強ぐらいのSlimばかり穿いていましたが、最近はなぜか、太いのが好きでこちらばかり穿いています。

ということは、そのうち、また細いのを選んだり、中庸な20センチ近辺穿いたりするのでしょう。人間「俺はこれで行く!」とは中々なりません。時々の気分や、世の中の雰囲気を感じ取って「今日はこれだな」と選ぶ。その選ぶのを楽しめればよいなと思います。

806XH, Size 46 いわゆるTバック

 





https://e-workers.stores.jp/items/65da938920d299274c0fc8da

春に作った806。ヨコ糸を太く、生地をヘビーオンスに。仕様は大戦「風」
36~42サイズをその時は作り、お客様から「Tバックが欲しい!」とさんざん言われたのでセカンドロットの生地でサイズ46だけ作ってみました。

気を付けたのが型紙の大きく仕方。肩幅は大きく、でも着丈とユキ丈(肩幅半分+袖丈)は42サイズとほとんど変わらない。

身幅や肩幅と一緒に、他も大きくしすぎると、本当に背がものすごく高く、手が長い人しか着られなくなってしまうので。

自分では後ろのバックルを切ってしまって、この時期だとぎりぎりバイクの時は着られます。襟を逆に折って、襟ぐりの中に入れてしまう。そうすると、バタバタしないでシングルライダースのように着られます。ただ、我が家の周りはツーリングのメッカなので本気のバイカーさんばかり。「何ゆるいかっこしてんだ」って目で見られてる気がするのは自意識過剰でしょうね。

Gジャン、時季外れで申し訳ありません。
TCBさんのように夏でもGジャン!昔のUltimage Seekerのように夏こそA-2ぐらい言えれば良いのですが、すっかり「気候に合わせたものを着て健康に過ごしましょう」なWORKERS。
ヘビーオンスのGジャンは本当は今じゃない・・・でも、出来上がってしまったので。


Jungle Fatigue解体

 


今日、延々インスタで解体作業をしていたJungle Fatigueです。

「ビンテージは文化遺産だ!解体するなんてよろしくない!」といわれることもあります。

が、やっぱり自分でちゃんと知ったうえで物が作りたいので解体できるものはしてみます。自分で身銭払って、一応、曲がりなりにもメーカーやってものつくりの為の解体なので。


ミリタリーは「独特」としか言いようのない部分があって(トップスの袖底とか、軍パンの脇のラインとか)私は解体しないとわからないのです。

後は夢見が悪いというか。死ぬときに「ああ、結局ミリタリーの型紙、ちゃんとわからなかったなぁ・・・」と思いたくないのです。

正直、何かを原型にして、その表面的デザインだけ変えればもっと簡単に型紙は作れます。でもそれでは嫌なのです。「アパレルメーカー」としては、同じ原型、縮まない生地、綺麗な縫製。Mサイズを買えば毎回同じMサイズ・・・が正しい「アパレルメーカー」でしょう。

でも、私はそういうのを見て「古着のほうがもっとワイルドで、面白みがあって好きだ」からスタートしたので、正しいアパレルメーカーじゃなくて、危なっかしい方を選んだのです。

ただ、危なっかしいからこそきちっと理解して作って、説明して販売する。そうしないと、「これはクオリティ的にさすがにどうなんだ?」というようなものでも「昔の再現です」で押し通したりすることがあるので。


私もはるか昔。まだこの仕事を始める前に買ったある服の糸始末が非常に悪かったことがありました。果たしてそれが再現?なのか、単純に糸始末が悪いだけなのか当時はわからず。店員さんに聞いたら、「再現」と答えられてしまいました。今思えば単純に糸始末が悪かっただけです。その製品は。

私自身、ワークシャツの脇で空環縫いをあえて残してみた製品を作ったこともあり「あえて」があるのはわかります。でも、そうじゃない部分もある。


最近思うのが、これだけ何もかも高価になって、せっかくお金出して何かを買うからにはちゃんと納得して買いたい。

100%良いもの、正解、これが一番。そういうベクトルじゃなくて、作ってる人がそのものの良い点も、悪い点もちゃんと把握したうえで作っている。わからなかったり、気にせず作ってる部分があれば、それはそれとして説明するなり、調べるなりしたい。

かつ、自分が作っているものを説明するために、他者を貶(おとし)めるような言い方はしない。

フラットに、淡々と、でも奥底には熱い炎が燃えているようなもの作りをしている人の製品が私は好きですし、自分もそうありたいと思います。


こういうことを書くのは、最近の世の中のコマーシャリズム?というか、売らんがなな姿勢に辟易しているからです。売らないと続けられないのは私も身をもってわかります。さっきも生地の請求書が298万来てたので。売らないと払えない。

が、だからと言って、何でもありは私は受け入れられない、という話でした。

8月納品予定の詳細アップしました








8月納品予定の詳細をアップしました。


https://www.e-workers.net/store/202408/top.html


 ・定番(といいつつ、毎回サンプル作っている) Modified BDとWide Spread

・新型、CAT DAY Painter Pants。バックポケットが丸みのあるデザイン、50-60年代ごろの典型的なペインターパンツを目指したもの。

・Sport Jacket。以前レザーで作ったそのままの型紙で、表地をダックに変えて。

・Cruiser Vest、表地がバックサテン、デニムのコットンとハリスツイード。コットンはオールシーズン、ウールは冬用。


といったラインナップです。個人的には新型のペインターパンツが早く自分サイズを穿いてみたい。コーデュロイのBDも冬用に買おうかなぁ・・・と悩み中です。

7月納品予定製品・詳細

 







https://www.e-workers.net/store/202407/top.html

Workers Store、今月は

・M-43 Jacketを袖口仕様変えてシャツジャケットとした一着
・細めの台襟、ラウンドしたフロントが特徴のバンドカラーシャツ
・Offiecer Trousers、今期はSlimと新型のRegular Fit
・Forestierをもう一度、今回はオリジナルに近いシャツ型のパターン+背裏仕様

を販売します。


受注期間は、本日より2024年4月10日いっぱいとなります。

生地に限りがあるために、生産可能枚数を超えてしまった段階でSold outと表記をし、お伝えいたします。

メール返信のタイムラグなどにより、ご連絡いただいてから、売り切れをお伝えすることもあるかと思いますが、あらかじめ、ご了承いただけますようお願いいたします。

発送時期は2024年7月中旬~下旬を予定しております。


WORKERS オンライン展示会その3 アウター編 

 最後はアウター編。

今回のテーマは「バズでいいんじゃない?(いや、それとは違う良さが、でも説明しないとわかりづらい・・・反語)」

という、徒然草の「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは」のようなお話です。


アウターその1



アウターその2(こちらがバズでいいんじゃない編)


WORKERS オンライン展示会その2・シャツ編

続きましてシャツ編。

我ながらよくしゃべる・・・台本も無いので、普段からず~っとこんなことを考えているのでしょうね。考えるだけで話す相手が居ないので、機会があればよくしゃべる。 


シャツ編その1



シャツ編その2

WORKERS・オンライン展示会

 東京での展示会、ご来場ありがとうございました。

会場にお越しいけなかったお客様に、オンライン展示会の動画を作ってもらいました。


WORKERS 2024 FALL WINTER ~PANTS REVIEW~


WORKERS 2024 FALL WINTER ~CUT&SEWN REVIEW~

今回も動画作成は25年?前からのお友達、ぶ~さん。
今じゃこの名前を知る人もいないでしょうが、お互いにホームページを作っていた時代からのお友達。

アイテムの特徴、利点などご紹介しています。「社長~安くして~」を今回もやり忘れたのが心残りなので、それはまた次回。

WORKERS アウトレット販売

 



次の週末は秋冬の展示と一緒に、アウトレット品の販売も行います。
残念ながら、製造途中に不良が出てしまったもの。

物/理由/お値段(本体価格)
801XH・28/30/31/32 ヨコ糸抜け (14500円) 
807(セカンドタイプジャケット)42 背中織ムラ補修 (20000円)
French Cargo Pants, Herringbone 各サイズ ピンホール補修済(15000円)
French Cargo Pants, Black  各サイズ ピンホール補修済(15000円)

よく「お値段は会場で」とか「在庫は現物確認を」とかだるい事言うメーカーもいますが、そのあたりは何でもオープンWORKERS。ラインナップは以上です。

お会計方法
Squareでクレジットカード決済、領収書はメール送付

手提げ袋はありません。現物をそのままお渡し。
アウトレット販売につき、交換・修理・返品などはご容赦ください。







WORKERS 2024FW 展示会やらカタログやら

 WORKERSガチ勢のお客様から「展示会はまだか!」とご連絡いただきましてありがとうございます。諸々です。


24FWカタログ

https://firestorage.jp/download/47368007d64c1c0f2cb064828dcdc61c28b1fab2

https://www.e-workers.net/store/2024fw.html


24FW_Look

https://firestorage.jp/download/08051242dc78ed930b0b328a5e370d4f3d03069b

https://www.e-workers.net/store/2024fwlook.html


エンドユーザー様向けの展示は3/9-10です。

ご予約など要りませんのでお近く通られましたらお立ち寄りください。




801XH セカンドロット

 801XHのセカンドロット生地が出来上がり、縫製工場投入予定も決まりました。





という事で、WORKERSでも、なんと予約販売してみます。

Storesの方からご確認ください。


https://e-workers.stores.jp/items/65c830e34fdf6e1b36647b6c


期限は本日~2/17(土曜日)いっぱいです。

-

納期は5月中旬~下旬。このタイミングで卸先様にも入荷予定なので試着して買いたいお客様はお近くの店舗様にお問い合わせください。

-

セカンドロットの変更点は、例の耳色。なんと白耳。誰かさんが色糸を入れ忘れたのですが、まぁ、それはそれでロットによるぶれで面白いという事で。耳色以外は前回と同じです。

細かい事言えば、糸のロットも変わりましたが、これはWORKERS別注糸なので同じと言えば同じ。天然ものなので違うと言えば違いますが、「一定の範囲内」に入っています。

-

801XHはこれでしばらくお休み予定。というのも、現状、生地工場さんも縫製工場さんも余力がない。今年の下期まですでに生産予定は組んでしまっているので。

-

24上期:801/802/801XHインディゴ

24下期:801/802ブラック

25上期:801/802ホワイト

という予定です。

-

相変わらず、生地を作るたび、縫製の年が変わるたびに価格が上がっています。今回、間違って前回と同じ定価にしてしまいましたが(糸のロットが変わったのに気づいてなかった)

Vintage Fit ChinoとShirt Polo

 







https://www.e-workers.net/store/202405/top.html

24春夏・最後の納品予定製品、詳細をアップしました。

久しぶりに太い、ビンテージのパターンそのままで作ったチノパン。これの元ネタが昨日アップした6-254というチノパンです。

今回はかなり白っぽいOysterという色のベージュ。(ベージュは200色あるんで)

ビンテージでもこういう白っぽいの、見たことありますよね。


もう1型は、ポロシャツ・・・じゃなくシャツポロ。

半袖のシャツ、何か作りたいなと考えていてひらめいたのが「ポロシャツのディテールでシャツ生地・シャツ作り」

胸には刺繍を入れ、オックスも、ベタ染めのネイビーやフォレストをラインナップ。マドラスはシャツならではのアレンジ。

前後段差のあるサイドスリットはまさにポロシャツ。

襟が悩んで、ワイドスプレッド。これが一番、ポロシャツ風。本当にポロシャツと同じ1枚襟にしようかとも考えましたが、生地端の始末がなかなか綺麗にいかない。ということで今回は、シャツならシャツらしい仕様でと台襟+ワイドスプレッドにしてみました。

いつものModified Fit系のシャツと違い身幅ゆったり。丈もタックアウト前提。