WORKERS送料・代金引換手数料改定予定(経緯報告)

8月下旬より、WORKERSの在庫品販売の送料を改訂いたします。
具体的には1オーダー千円程度の送料・代引き手数料を製品代金に加えてのご請求予定です。

ご予約でオーダーいただいている分に関しては今まで通り、基本送料代引き手数料無料/1万円以下のオーダーに限り送料・代引き手数料千円の予定です。


事の発端は、発送に利用している郵便局の集荷サービスが終了したこと。
WORKERSは一人でやっているので、日々のオーダーを集荷してもらえなくなると死活問題なのです。
月に一度、ご予約品に関しては郵便局持ち込みに変更するとして、日々の出荷がすべて持ち込みは現実的に私一人では対応できません。


そこで、代替サービスとしてまず、佐川急便の代金引換を検討(こちらは集荷あり)
ただ、送料が9月より大幅アップになり、現状のクロネコヤマトとほぼ同等。
ということで、在庫製品に関してはクロネコヤマトの代金引換に変更予定です。
ただ、今までの郵便を使う発送に比べ、送料・代金引換手数料ともに大幅にアップになり、今回を良い機会として送料・代金引換手数料をお客様にもご負担いただくよう変更いたします。


こういった話、単純に製品の原価率を良くする。つまり、定価を上げてしまえば吸収できてしまう話です。ただ、そうなると「まとめ買いする人は見えない形で、何着分も送料や代引き手数料」を払うことになります。
また、卸先様でご購入いただいているお客様にも、WORKERSの都合で同じものが無駄に高くなることになります。

私自身、製品を作るのにかかったコストは忠実に製品上代(定価)に反映させるべきだと思います。同じ形でも、生地が変わると微妙に価格が変わるのはそのためです。それができなければ、商売は続けていけません。
他方、不明朗な形で値上げするのも、これまた商売を続けられないと思います。
それが、先ほどの「生地が違えば値段が違う」で、高い方の値段に合わせてしまえば利益は出るのですが、それでは買っていただくお客様・卸先様をだますでは無いですが、私のやりたいことから外れるのでNGです。

今回の送料の件も、黙って単純に製品上代(定価)を上げてしまえば良いのかもしれませんが、私はそういう事はやりたくない。ただ、送料をいただくように変更するからには、理由の説明が必要であろうとこの経緯報告になりました。


流通や決済にかかるコストは本来、製品代金とは別にかかるべきものをかかるものとして請求するべきだと考えています。
ただ、卸先様、また弊社にご予約ご注文いただくお客様には、何か月も前からオーダーをいただくお礼として基本、送料無料でお送りしております。

Amazonが世の中の主流になり広がった送料無料ですが、昨今の運賃値上げを見るとそれももう限界に来ていると思います。
ある意味、そういった流通コストを下げる為に以前は問屋や中卸が存在したのですが、それがまた主流に戻るとも考えられません。

メーカーも、販売店も、そしてもちろんお客様も。皆が、少しづつ助け合い、趣味性の高い洋服が今後も作り続けていける環境ができることを願います。

10月納品予定製品・詳細アップしました







10月納品予定製品、詳細をアップしました。
http://www.e-workers.net/store/201810/top.htm

WORKERSの定番、こりこりのワークシャツ。正直、2018年ワークシャツを作ってもそんなに注文はありません。が、作り続けます。ワークシャツはWORKERSのアイデンティティなので。(といっても工場さんに迷惑かけるわけにはいかないので、あまりに減ると厳しいのですが)

Teds Jacketは新たな型紙でだいぶ雰囲気が変わりました。ダブルクロスも着こむごとになじむいわゆる「良い綿生地」。綿生地で厚みを出すとなると、普通は糸の番手を低く、太い糸でとなるのですが、そこを、細い糸で強烈に打ち込み本数を増やして厚みを出す。ギシギシする感じといえばわかるでしょうか。着こみ、洗いこむごとに、それが徐々に柔らかくなっていく。

Bal Collar Coat、いわゆるステンカラー。前からギャバで作りたかったのですが、作るとなれば裏地が要る。そもそも、本格ギャバは綿でもちょっとしたウール生地ぐらい値も張るので作るとなると高くなる。それで二の足を踏んでいたのですが、今回
「人生、今年で終わりだと思って作りたいもの作ろう」
と決心して作りました。結果、取扱店さんからもかなりオーダーいただけて「気持ちって伝わるんだな」と感じました。

でも工場さんとは「値段も高いから100枚もいかない分、手間かかる仕様ですがお願いします!」なんて言って作ったものなので、お互い「これはいつも以上に段取り精密にやらないと間に合わないぞ」と出来上がるまでドキドキしています。
ただ、このドキドキがあるから、まともな納期でまともなクオリティのものが作れるのだと思います。

6月、ブログも更新しないで何をしていたかというと7月納品の製品、主にチノパンを縫っている工場に何回も行っていました。今日も、最終工程進行中のチノパン確認と次のベーカー(これも縫いが近いので仕様的に流用する部分があり)の縫いながらの打ち合わせをしてきました。

「10年近く作ってる製品の何の打ち合わせを?」と思われるかもしれませんが、10年前と今では状況が違うのです。
幸か不幸か、10年前活躍していた50代後半から60代のレディ達は多くが引退しました。引退というと聞こえがいいですが、亡くなった人も多いです。巻縫いしていたあの人、帯つけしていたこの人。

そのポジションには、また新たに若手、そして今は海外からの研修生も縫製の現場で頑張っています。ただ、いくら頑張ってもあの高度成長期、大量に縫う所から鍛えられた人たちの上手さというのは中々再現できないところもあります。

そういう部分を縫い場の人にただ「がんばれ!」と任せるのではなく、企画して型紙ひく私も一緒になって
「では、どうやったらあの人たちが経験からできたことを今度は仕様書や型紙に落とし込んでいくか」を今やっているのです。

縫製の現場の技術は、どうしても伝承されづらい。一般的な事は伝わっていきますが、いわゆる「手練手管」と私などは言う部分。その人なりのちょっとした工夫は伝わらないのです。(ここの縫い代をちょっとカットするとか、折くせをこうつけるとか)
その部分を、当時と同じ方法をさぐるのはもちろん、もう一歩型紙の工夫とか、縫製資材、金具の工夫で再現しつつ、より「誰が縫っても同じに作れる」ように技術を確立していきたいのです。