Tack Shorts完成・これで19SS納品完了です





19SS最終納品、Tack Shortsを納品しました。
毎年「短パン作るべきか・・・」は悩みます。今も2020SSで作るか悩んでいるぐらいなのですが、そんな中、今まで作ったショーツの中でも一番発注が多かったのが今回のタックショーツでした。
推測するに・・・
WORKERS=チノパンのイメージ
ウェストにゴムで楽々
このあたりが要因でしょうか。
Beigeだけは少し在庫も作っています。
http://www.e-workers.net/store/stocks.htm

真夏、確かに短パンが穿きたいときもある。でも、機能性が超高い!とか、ただ安い!とかなら、それこそ腐るほどある。そうではないWORKERSらしさ・・・となると、トラッド的なショーツが良いのかな?個人的にはベーカーのショートパンツやActive Shortsとか、涼しい、乾きやすい、工夫されてるなと思ったのですが、それよりはクラシックでベーシックな物が求められてるのか・・・

何を作るかは
「求められている、いそうなもの」

「自分が今、提案したいもの」

それが合ってればよいですが、ずれることもあるので悩み続けます。

悩んでる期間は、はたから見ると仕事してないように見えますが、ぼ~っと常に頭のどこかに残っているので、本人は一番苦悶する時期です。
逆に「こうやるぞ!」と決めてしまってからは、それをどう最適な方法で形にするかなので、ある意味気は楽。ただ、私の場合
「どこの工場でどの生地で、どの型紙で」とかも考えて企画するので、単純に何を作ろうというよりは、その時の条件含めて、「今こそこれを作るべき」と理由づけできるものを作るようにしています。

アーティスト的ならもっと
「自分が作りたいものを作るんだ!条件?需要?知った事か!」

となるのでしょうが(ある意味、昔のWORKERSはそれです)、それよりはもう少し大人になったというか。自分としては、そういう条件、作りたいもの、そこをすり合わせて行ってより良い「コレクション(恥ずかしいですが)」を構成するのこそ、あまり好きな言葉ではありませんが、「職人的部分」なのだと思います。
それこそ、AIでは出来ない、部分的には勘や経験則も入りつつ。

Tie Clip Border 補充



http://www.e-workers.net/store/201701/ii5.htm

売り切れていたタイクリップを補充しました。
途中、作っていた業者さんが廃業!という憂き目を見ながら、手配してくれているネクタイ屋さんがまた新たな製造元を探してくれて復活できました。ただ、製造ロットが多くなったので、若干めまいが・・・

正直、ネクタイとかタイクリップ、数が出るものじゃない(と思っていましたが、ニットタイだけは別でしたが)。でも、ボタンダウンをはじめ、シャツを得意?にするWORKERS的にはネクタイはどうしても欲しいのです。適度なお値段で、でもクオリティの良いネクタイやタイクリップ。

私自身の感覚なので、皆がそうとは言いませんが、ネクタイに何万もというお金、私は出せないです。かといって、980円!とかそういうのでなくて、せいぜい1万円あれば買える良いネクタイ。痛めばまた買いなおしもできる。そんな「まぁ、このぐらいが妥当かな」という価格とクオリティの製品を作りたいのです。で・・・




懲りずに2020SSでも新色・新柄・新織、やる予定です。
ここには載ってない、フレスコ織だけはそもそもの単価が高いのでちょっとお高くなる予定です。

8月分オーダーありがとうございました/5月分は月曜日出荷です


8月納品予定製品、オーダーありがとうございました。
今回、ボタンが最後足らなくてオーダー受けられず申し訳ありませんでした。
生地は後数着作れる分はあるのですが・・・逆に、この微妙に残った10着分も無い生地をどうしようか・・・出身校の文化服装学院の購買にでも寄付しようか悩み中です。
古生地屋さんに引き取ってもらって、誰ともわからない人に渡すのも嫌だし(特に、これはWORKERSの完全別注生地なので)悩ましいところです。

先日、アメリカの知人、jimさんが仕事で使うそうで、少しWabashやShadow Stripeを分けたりはしましたが、生地は重いので送るのも費用がかかって。

今日は数の最終確認、生地の最終発注、昨日グレードしたパターンの出力、そして工場へサンプルと発注書・仕様書の送付。
明日はネームの手配、付属の手配と続きます。
目下、2020SSのサンプル作成をしているので本当はその手を止めたくないのですが、一人でやっている以上、仕事の切り替えは仕方がない事です。頭を切り替えて、効率よく進めて、早くサンプルに戻ります。

年少組おちゃっぷくん

年少組キッコちゃん
レンズを大量に整理して入れ替えたRX1Rmk2がいい仕事してます
そういえば最近、キッコちゃんが増えてついに7 Catsになりました。
7・・・ラッキーな感じです。TCBさんの2 Catsブランドの3倍早い!(何が?)
先ほど、TCBさんからは「前紹介してもらった段ボール屋さん、なんて名前でしたっけ!?」ととぼけた電話がかかってきました。お互い、土曜日も仕事してるんですね。
好きな事を仕事にすると、人生はこんなものです。ハードワークするしか、自分が見たい新しい製品を作る方法は無いので楽しんで頑張ります。(でも4時にはその日の仕事は終えますが)

久しぶりにぶっといジーンズ


懐かしの・・・815
Lot801/802ともにベーシックなストレート&スリムテーパード。
そして805はスーパースリム。

こうやって細いのばかりはいてると人間の欲が出てきて、久しぶりにごりっごりのワークウェアシルエットが着たくなります。ということで、今年の12月に登場させようと型紙を作り出しました。

イメージの参考は、昔作った815。でもあくまで「イメージ」で型紙は、その後、アップデートを重ねたWORKERSのジーンズ型から作っていきます。


笑っちゃうぐらい太い。例によって、未防縮、ねじれ防止無しの生地なので、まずはファーストサンプルを作ってみないとどんな形になるかわかりません。さっそく縫いに出すのですが、やっぱり行って話さないと細かい仕様が仕様書には書ききれないので連休が明けたら工場さんへ行ってきます。

この仕様、脇のミミ使いにあえてトリプルステッチを乗せるのがポイントなんです。
通常のジーンズは先に内またを縫って、後から脇を行くのですが、脇トリプルしようとすると脇が先の方が都合が良い。
必殺、方倒しラッパを使えば先に内また行っても行けるのですが、工場的には「普段使ってないラッパ使うぐらいなら、先に脇縫って大股(内また)は巻いてしまうわ!」だそうです。
私は当初、大股は地縫い+ロック+片倒し。脇は地縫い+上から下まで倒し。この脇を片倒しラッパで行こうかと思っていたのですが。
13.5オンスなので、大股の巻ききつくないかな~。

単純にデザインというよりは、何のミシンでどういう順番で縫うか。それを加味しながら、この製品に似つかわしいデザイン。また素材の厚みに合った仕様。
結果として、「これが一番デザイン・機能・作りやすさ、すべてでベスト」という仕様を探っていきます。

8月納品予定製品アップしました






http://www.e-workers.net/store/201908/top.htm

8月納品予定の製品、詳細をアップしました。
久しぶりのカバーオール、サイズ感は2019年らしい「ごく普通のゆったりシルエット」です。2000年代半ば以降のあのタイトシルエットは何だったんでしょうか?

実は、パンツのまた上にも変化を感じます。変化は、世の中の云々もそうですが、自分自身がどんどん老化していること。どうも手に取るパンツ、手に取るパンツ、また上が数センチですが以前より深い物が多い。

具体的には、802のジーンズが浅いなと感じるようになって、801ぐらいの寸法が欲しくなってきているようです。浅いと腰が痛くなる・・・ほんの2.5センチほどの違いなのですが。ただ、ラインナップは簡単に変えられないので、今の段階では「801は801、802は802」の寸法でいきます。
自分の感覚に合わせてどんどんマスターサイズ変えてしまうと、昔のDCブランドみたいになります。(自分の体形に合わせてマスターがでかくなったり小さくなったり、結果ブランドのサイズ感ぐちゃぐちゃに)

Endless endless

こちら厚手のD-OX

薄手のBB-OX、わかんないな~

連休関係なく働いておられる皆様、お元気ですか?開けない夜は無いので頑張りましょう。
今月は月末の帳簿仕事も、入金チェックも、請求も、果たして何日が正解なのかわからずやっています。まぁ、今月だけなので諦めて対応します。

ただいま、8月納品製品の画像加工中。昨日はモデルに連休を押して来てもらって申し訳なかったです。

我ながら、自営業&組織化しないでマンパワーで何とかするという、世の中の働き方改革とかとは無縁(でもワークライフバランスは自分的には取ってるつもり)の生活です。まぁ、やらなければいけない仕事が終われば、日曜祝日関係なく休むので、体力がない自分にはちょうど良いのですが。毎日少しづつなら進められるのですが、仕事を貯めて、一気に片付けるというのが出来ないのです。私の場合、それをやると確実にクオリティ落ちるので。

ということで、連休中も仕事は進めていきます。今年は海外出張もあるし、しばらくバタバタした日々が続きます。そんな時は、いっつもこれが頭に浮かびます。いつかは終わりは来ますが、やってる最中はエンドレスだな~と感じます。

Days 埼玉・山梨・大阪

19FWのネクタイ生地、製織中

先週から埼玉、山梨、大阪と会社を開けてばかりでした。

まず埼玉は、実家の片付けに。両親もある程度の年になり、片付けやら家の部分的に補修の手伝いに行っていました。それを終えてから、今度は山梨に。ネクタイの生地を織っていただいている工場さんを見学してきました。
写真はまさしく、19FWのネクタイ生地を織っているところ。こちらはまた詳しく、ネクタイを紹介するときに。

で、帰ってきてお待たせしていた在庫の出荷を終え、今度は津山にある工場さんへ。今期からチノパンをお願いしている工場さんで、
「ここの5ミリが!」を指摘する工場さんです。そこの5ミリはイセ・伸ばしで対応してもらうしかない部分だったのですが、他にもパターンで気になる部分をお互いにCADデータ見ながら確認。データで直していきます。目の前にある紙だしパターンを直してしまっても良いのですが、それよりはデータで直せば次からは間違いがない。工場ごとに、微妙に同じ仕上がり線でも「ここはこう縫い代削りたい」とかあるので、そういう部分を一緒に直していきます。

それが終わってから大阪へ。そう、これです。


1998年の来日以来、20年経っても相変わらず好きなKRAFTWERK。
1998年の時は私もまだ20歳。3日間すべて行き、初日に声が枯れるまで歌い、「DENTAKU」の歌詞を間違えて歌うの止まったラルフの代わりに観客が勝手に歌ったあの日が懐かしいです。あの時はFlorianも居ました。(Florianのサインだけは残してあります)

その後は、修行中の身なので、仕事や予算の都合が会う時だけたまに見に行っていました。(といっても前回の3D公演は一日見に行きました。もっと見たかったけど)

今回、ラルフ神も72歳。後何回来てくれるかわからないので、大阪へ。
初めて椅子席でKRAFTWERKを見ましたが、これはこれで落ち着いて見られて良い物でした。
最後のMusic non stop。4人のメンバーが順に退席していき、フリッツヒルパートが退席したところで「これが最後に見るラルフかもしれない!」と思い、焦って3D眼鏡をはずしラルフを拝んできました。YMOのやったSportsman、前回のKRAFTWERKのアウトバーンに続き、今回のMusic non stopも感涙です。こればっかりは、好きじゃないと説明できない感情です。

ラルフの退場は、Auf Wiedersehenの後にサヨナラと言っていて、それがまた何とも寂しい。また来てほしい・・・と思いながら、帰ってきました。(さすがに自分も年取ったので出待ちはしませんでした)

WORKERSもKRAFTWERKのように、鉄のコンセプト!変わらない、でも進化し続ける!そんな存在に成れるよう頑張ります。