Upcoming...


なんとか年内間に合いました!
詳細は明日アップします。

3月納品製品アップしました




http://www.e-workers.net/store/201703/top.htm

3月納品予定製品をアップしました。
新型のベスト。昨年好評だったウルトラライト裏毛・フットボールTの新色。
軍パンがベースにありながら、もっとシックに、どこれも着られるトラウザーズを目指したFWP Trousers。
それと、趣味で作り続けるワイドスプレッドシャツ。今年はギザの中でも最高級、126番双糸のガス焼き糸を使ったポプリンです。

兵庫の播州産地の生地。播州産地自体、比較的お手頃価格のシャツ生地が多いのですが、そんな中で「播州でできる最高級品」を目指したのが、今回使ったLegend Broad。

産地も行って、この生地を企画した人にも話を聞きました。
この手の生地なり、編地を作る人は強烈に「綿(ワタ)」そのものに嗜好があります。

Legend Broadを企画した人は完全にギザオタク。一口に「ギザ」と言っても、産地により、また品種により年々微妙に品質が変わります。(一般的に同じ畑・同じ品種で栽培を続けると繊維の長さは短くなると言われています)

スーピマとは違う、ギザ独特のぬめりというか手触りですね。これを維持するため、常にギザの中でも最適の綿、さらにそれを紡績出来る工場を探しているそうです。その綿や糸を数年単位で仕入れることで安定した品質、安定した価格にできている。確かに、普段使うオックスと比べればシャツに成った時も高いです。ただ、ある意味この品質を小ロットで作ろうとしたらもっともっと高価に成ってしまう。そこで、年単位の綿仕入なわけです。

このあたりは、WORKERSが云々というよりも、産地に行くと大きな仕組みを使って生地を作っている人が居て、それを探して探して、良い生地を仕入れてくるのがWORKERSの役目。そして、その仕入れた生地が生きる製品に成っていると思います。

会長のお話

会長 昭和7年1月生まれ!

現社長、会長さんの息子さんです。
さて、そんなSさんのお話です。
大正5年創業で創業100年、昔は着物の布を作られていたそうです。

ところが昭和18年、戦時中、金属供出があり織機が全部無くなりほぼ休止状態に。さらに、空襲もあり工場が焼け、戦後職布を再開するも、戦前の面影は遠く。

また、着物の需要自体が戦後は少なく、昭和29年ごろには地場の生地商社が相次いで倒産。織物産業がほとんど吹き飛んでしまったそうです。
会長が、家業に入ったのが戦後10年近く経ったちょうどその頃でした。

そこで会長は考えたそうです。「着物はダメだ・・・だったら・・・編地だ、ニットだ!」(この思い切りの良さ!)

Sさんは西東京にあります。その西東京の産地自体、着物織物がダメになり、さぁどうしよう・・・というので次なる地場産業として編み物に目を付けた。そこで、今も編み物の産地、墨田区から数人の職工さんに来てもらい、今でいう「技術移転」が行われたそうです。

そんなこともあり、会長24歳、昭和31年に編み物、当時は「メリヤス」と呼ばれた世界に飛びこまれたそうです。当然、最初はつてを頼って教えてもらいに行き丁稚から。当時は今のような自動編み機も無く、手横と呼ばれる、編み機を手で動かすところから。(今でも手横はわずかに技術・産業としては残っていますが)
セーターを作ったり、マフラーを作ったり・・・

その後、昭和40年、1965年に今のSさんが法人として開始。そこからもう50年。
手横から始まり、半自動編み機、丸編み機、さらには現代の島精機に代表される横編み機からホールガーメントまで、次々と設備投資をしてきたそうです。

WORKERSのニットタイに使っている丸編み機もそんな中で入れられた設備。会長は「たまたま丸編みのニットタイ作れない?って話があって設備を入れたんです」と言われますが、その思い切りの良さには本当に頭が下がります。
そして、その機械をずっとメンテナンスしながら使い続ける、物持ちの良さ。これがあったからこそ、私の作りたかった丸編みのニットタイが作れたのです。

その一方、今、工場の裏にずら~っと並んでいる最新機種達。いくつになっても、次々と設備を入れ、新しい物を作り続ける会長の意欲というか、元気さに私は感動しました。

工場に伺っても、うちのニットタイの話だけでなく
「舘野さん、それだけじゃなく、今年の流行なのかな?こんなものも作ってるんですよ!」
と次々と製品を見せてくれるのです。
これも、私に見せることですぐにどうこうしたいというのじゃなくて、せっかく来てくれたから私に何かアイデアを持って帰ってもらいたいという気持ちをすごく感じました。

「時々で、今年はこれはだめだな~、じゃぁこんなのはどうかな?って工夫するとそれが当たったり。」と、簡単に言われますが、60年やってきた人にしか言えない事だと思います。

う~ん、書いていて余りまとまりが無いのですが、何とも私は会長とお話ししてグッと来てしまいました。自分もこれからも長く、また会長のように思い切り良く、誰が来ても親切に対応するオープンな姿勢で仕事を続けていきたいなと、お会いするたびに思うのでした。

Silk Knit Tie Factory

念願かなって、ニットタイの工場見学に行ってきました。
都内某所・・・創業100年、ニット初めて50年の工場さんですが、これがすごい会社でした。
さっそく、そのニットタイを編む機械から。


小寸の丸編み機。靴下を編む機械を改造しているそうです。

さっそくご対面。丸編み機です。
実はニットタイ自体、この丸編み機で作る方法もあれば、横編み機 で作って、縦方向に縫う方法もあります。

WORKERSでは、どうしても縦方向に縫い目が無い丸編みがしたかったので無理言ってこの工場さん(Sさん)を探してもらいました。

実は、Sさんも小寸丸編みだけではなく、工場の奥に進むとずら~~~っと横編み機が並んでいます。そちらは、うちの商品は無いので遠慮して写真は取りませんでしたが、中々すごい台数が並んでいます。

なんで、そんなに私が横編み機にこだわるかと言えば・・・もともと、最初に使ったCADが編み機のメーカー、島精機だったのです。和歌山の島精機にも研修に行かせてもらい、その編み機の精密さ、自社で作ってる事、そして編み機のお値段にびっくりしたものです。

そんなお高い編み機を使って、しっかり横編みをやりつつ、でもこの小寸の丸編みもず~っと取っておいたSさん。実際、小寸丸編みのニットタイはほとんど注文が無い時期もあったそうです。それでも、メンテしながら機械を維持し続けた。今も、奈良に一台メンテに出しているそうです。


ニットタイの編みデータが読み込まれているところ。保存メディアはテープ!

編み機の後ろには糸が立っている。この糸もコットン、ウール、シルク、いろいろあります

こんな感じでつながって出来上がってきたものを切ります。

最終的に熱をかけてニットタイの形を安定させる時に使う型。編んでまつって終わりではないのでした。
ネクタイ自体はつながってできて着た物を切り、切った部分を手でまつる。さらに、熱をかけて形をフィックス(固定)するといった作業。
そして、Sさんのもう一つすごいのが糸。

シルクの色糸たち。もちろん、糸メーカーが作ってる物でなくSさんが別注で染めてる物。
生地にしろ、ニットにしろ作ってみるとわかるのですが、基本的に糸メーカー(紡績とよく呼びます)は白糸がメイン。
一部、色糸もありますが、ほんのわずか。特に、ニットタイ用の糸、それもシルクなんて言ったら作って在庫してる糸メーカーはありません。

じゃぁ、だれが在庫するの・・・と成った時に、気合で在庫してくれてるのがSさんなのです。糸染めのロットを考えれば、WORKERSで作る微々たる量ではとても染められません。こうやって、工場さん(ある意味、本来の意味でのメーカーはうちではなくこのSさん)がリスクを取ってくれるからこそ、我々ファブレスメーカーが自由に物を作ることが出来るのです。足向けて寝られません。


前にコットンセーターでも登場したリンキングミシン。
並んだ針に編み目を刺して、チェーンステッチで縫っていきます。
そして、Sさんの面白い所がもう一つ。
この縫製やっている方たち、文化などのニット科でた若い子達です。彼女達が、縫いがあるときは縫いをやりつつ、編みの組織を作る専門の機械(島精機のSDS-ONEというやつです)も使うのです。

これ、すさまじい事なんです。私も工場に居たのでわかりますが、いうなれば、縫製工場で普段はパターン作ってる人が、手が空いたら縫製もやってしまう・・・という事です。超多能工というか、普通では考えられない超効率化なのです。
工場で一番困るのが、作業者の手が空いてしまう事。
たとえば、平ミシンしか使えない人だとその仕事が無いときに困る。だから、他のミシンを使えるようになったり、最終的には全行程縫えるように・・・とそういう意味での多能工化はあるのですが、縫製と設計、これをまたいでやるというのは中々無いのです。
実際、作業する人達自体がそれを嫌うのもあるし。そういう、固定概念が無いSさん。
「編地の基本がわかっていれば編み組織は作れる。そのうえでさすが、若い子はリンキングミシンもすぐ覚えちゃうしね~」
なんておっしゃってましたが、やっぱり普通じゃないです。

知れば知るほど面白い、Sさん。次回、会長と社長に登場していただきます。

Silk Knit Tie, New Color, Dark Navy & Charcoal Grey


Workers Co., LTDさん(@workers_japan)が投稿した写真 -


一番右、新色のDark Navy
左から Black/ Navy / Dark Navy

一番右、新色のCharcoal Grey
左から Black/ Grey / Charcoal Grey
新色のニットタイが上がってきました。
これまた微妙な色なのですが、Dark NavyとCharcoal Grey。

最初に作ったネイビー、一番と言ってよい程人気で自分でもよくするのですが、もうちょっとくらいネイビーも欲しいなと思いDark Navyを。

Charcoal Greyはグレイとついていますが、どちらかというと黒の少し色あせた感じを目指した色。ブラックのニットタイ、かっこいいのですがちょっと色気がありすぎると時もある。そんな時に以前作ったラインナップは比較的明るい色が多く、黒じゃない何か・・・が無かったのです。そこで、Charcoal Greyを作ってみました。

結果、暗い所で並べてみると差が・・・でも、やっぱりネイビー系・グレイ系のダークトーンなので並べると違います。

色的に、春よりは秋・冬の色なので、このクリスマスのプレゼントに是非ご検討ください。

http://www.e-workers.net/store/201607/ih1.htm

そして、このニットタイが上がって来たタイミングでニットタイ屋さんの紹介を。お楽しみに。

Toolbagパズル



朝から工場さんから
「こんな感じで生地残るよ~」というメール。

何センチ幅ぐらいなのか聞いてるうちに「こうすれば、今作ってるL/Mに加えてSが作れる!」と気づきました。


思いもよらぬところで生地をつなぐのがポイント。
以前はSサイズも作っていて、女性からは「あのサイズがまた欲しい!」と良く言われるのですが、今使っている素材が別注6号。メーターあたりの値段も高く、一着あたりに使う生地のメーター数(要尺)も意外と多いので、最終製品が高くなってしまうので作っていませんでした。でも、この生地の使い方なら、Mサイズの残り+αで作れます。要尺が少なくなれば何とか、買いやすい金額で作れるかな?

さっそく、午後から工場行って作り方を説明してきます。
わかってしまえば単純なのですが、どこをどうつなぐかがポイントなので。

織り付け

上の色が薄い部分は糸を切り替えた所で下の濃い色が本番生地
17FW(来年の秋冬)の生地、「オリツケ」と呼ばれる、織機に乗っかって織りはじめた部分の断ち落としが確認用で上がってきました。

ぱっと見、普通のツイードですが・・・

平織?ヘリンボン?綾?

そう、幅なりの中で柄が切り替わっています。技術的には「ドビー」とか「ジャカード」使えばできるのだろうなとは思うのですが、実際織機がどういう動きをしているのか気に成る部分です。近々、尾張一宮の織布屋さんに行って見学してきます。

この生地、まだ織りあがったばかりなので巾は170以上あります。これを縮絨かけて縮め、密度と厚みを出していきます。当然、縮めれば縮めるほど生地としての値段は上がります。それでも、ツイードは厚みも密度も欲しいので、少しきつめの縮絨をかけてもらう相談も、一宮でしてきます。

ただ最近の気温差で風邪ひいたようで・・・今日は早めに終わりにしてシロに看病してもらいます。

カウンターで佇むシロ