明日・明後日、中目黒で会いましょう!





どうも天気はいまいちですが・・・明日明後日は井上君と中目黒でお待ちしております!
彼はただいまミシン積んで岡山から爆走中です。
無事の到着を祈っていてください。では、展示会場のレイアウトに行ってきます!

Christmas Delivery items







http://www.e-workers.net/store/201712/top.htm

クリスマスごろ納品予定の製品をアップしました。
タイクリップの新型、矢とストライプ。
レップタイの新色、ヘザーグレイ(杢)が作りたくて、今回から生産現場を京都から山梨へ移動して作成。

そして、自分でも穿いてみたかった左綾のジーンズ。
自分でも穿きたいので、無理やり大きいサイズまで作成します。
801/802のように定番にはしないので、気に成る方は是非詳細をじっくりご覧ください。

サイズ感は基本的に、802と同じでOK。ただ、膝・ふくらはぎが802より少しタイトなので、802ですでに膝・ふくらはぎがきついなと感じた方は穿くのが難しいサイズ感です。
802の寸法は、現代のストレッチが入ったようなスリムではないので、自分で穿いていても「後0.5-1センチぐらい、膝・裾、絞れるのでは・・・」と感じるので、よほどサッカー・自転車・格闘技などでふくらはぎに筋肉がついていない限りは大丈夫だと思うのですが。

Upcoming・・・New Lot 805!!!

Super Slim Straight!Lot805が12月に復活します





ごく一部 で熱烈な支持をいただいたLot805がリニューアルして復活します。
9月に詳細をアップしますのでご期待ください。

Lot 805は2017クリスマス製品ですが、18SSの製品とも一緒にコーディネートしてみました
18SS Lookももうすぐアップします、こちらもお楽しみに

ワークウェアも着ています、WORKERSですから



http://happyjeans.jp/tcb/2017/08/26/16421

ということで、はじめちゃんもアップしてます。(彼をはじめちゃんって呼んだことないですが)

ショートカバーオールって、うちはめったに作らないので新鮮。
191-Jやエンジニアジャケットぐらいしか作ったことない。
Gジャンより若干長く、ポケットはたくさんあるので機能的。
WORKERS、抜染ではサックコート系しか作ったことが無いので、一度ぐらいこういうショートカバーオールも良いかも。

>>そういえば最近彼がwork wearを着てるの見た事ない?…..
>>workersの人がworkerな服を着ている貴重な写真

失礼な!ちゃんと倉庫の掃除するとき、出荷の時、Railroad Jacketとワークシャツを着てます。
ボトムは面倒でジーンズで通して、夏場はFWP Trousersみたいな薄い・軽いのが多いですが。

彼のところに行くときはたいてい、デスクワークの日なので冬ならジャケット。夏ならTシャツだからでしょうね。
ユニオンの裾巻き持ってきてくれるので期待しましょう!

今年も来ました、WORKERS展示会&popup shop with TCB Jeans

今年も9月にWORKERS・18SS製品の展示&Lot801/802ジーンズの各サイズを中心にした週末ショップを開催します。

今回も、TCBさんがゲストで来るそうで「せっかくならフォトセッションを!」とか、妙に意気込んでいるので本日撮影でした。

たぶん、今日の模様は向こうにも近々乗る予定です。

最初の展示会の会場・会期です

最初、彼から「WORKERSいつも室内撮影だから外で撮りましょうよ!」と言われたのですが、ここで一思案。
いや、WORKERSはいつもモデルが同じだから井上君をモデルにしてみよう。さいわい、私も彼もサイズほぼ一緒だし・・・という事で、いつもカジュアルルックの井上さんを、WORKERS的にちょっとだけタイドアップしてみました・・・それがこちらです!

WORKERS
14FW King Porter Jacket, Herringbone Tweed
17SS Wide Spread Shirt, Stripe Broatcloth
Silk Knit Tie
17FW Lot 802 Black Jeans


太りすぎたドクタージョン・・・はちょっと良く言いすぎですが。
ちょっと昔のジャズマン正装ルックを、ブラックジーンズでアレンジ。
というか、私が外出するときに着るいつものルックです。これに、マウンパ着るか、ECWCSか、ステンカラーか。
彼も、「たまにはこういうのも・・・」と乗り気でした。

もう一パターン、ボトムはそのままでカジュアルルックを・・・

WORKERS
17SS Football-T 2-Tone
17FW Lot 802 Black Jeans

+ 16SS Summer Flight Jacket


フットボールTは彼自身、普段から着てくれているもの。
そこに、TCBには無いブラックジーンズを合わせて。さらに、私が普段着ているサマーフライトを羽織ってもらいました。ボトムの802もやはり、普段私が着ているものなので、どれもこの時だけ着た物では無い、ある程度着崩れているもの達。その「崩れる」が良い雰囲気に成っていくのがカジュアル、特に「アメリカンカジュアル」の良さです。

という感じでWORKERSが撮影したTCBは終了。
う~ん、WORKERS。うちのモデルぐらいのごく標準的な体形から、私や井上君みたいなデブわがままボディまで、良く似合います。
というか、体系に問題があるからそれを何とか出来る服を作れるのかもしれません・・・

Creoleを探してNew Orleansへ~2018SSへ

17FWで作ったCreole Jacket。
私にとってのKing Creole、エルビスじゃなくてジェーリーロールモートンが着て「そう」なジャケットという意味で作りました。

もうすぐ出来上がります。早く着たいけど、着られるのは11月ぐらいかな?

Creole、日本語では「クレオール」。
ニューオリンズに限って話をすると、もともとニューオリンズはフランスの植民地。フランスで生まれて移住した人に対して、その後、ニューオリンズで生まれた人の事を「クレオール」と呼んだそうです。
ニューオリンズはフランス領で、Jelly Roll Mortonもクレオール。

で、そのモートンの生家が・・・




こちら。中々、下町感あふれる地域。路面電車で行けるのですが、帰りは45分待っても来ない!(歩いて帰りました)

ニューオリンズ、路面電車が大きく分けて二つ、まったく違う方向に走っていますが(細かく言うと3系統)、このモートンの家に行く方は明らかに下町というか、一言で言えばあまり家も豪華で無い方向。モートン自身がどういう地域に生まれたかが場所から感じ取れます。

モートンと言えばTiger Rag。



Tiger Ragの作曲者がもめごとの元。Morton作曲と長年言われていましたが、どうも違うらしい。ニックラロッカさんという、コルネット、トランペット奏者が今ではTiger Ragの作曲者として定説です。
そのラロッカさんがやっていた、世界初レコードに吹き込まれたジャズ、Original Dixieland Jazz Bandの演奏は・・・ちょっとヒドイので検索してください。

演奏は微妙でも作曲者は作曲者。メインの旋律「シ♭・シ♭、シ♭、レー」が、そのラロッカさんの家に飾られています。

この旋律に至るまでがかなり長い曲。
「チャ・チャ・チャ・ラー」の後に「ほにゃー」とラッパ?が入ります。
ピアノだと鍵盤をなでる。
これが、タイガーの咆哮なのか?

モートンの家とは反対方向の街区。

ヒストリカルプレイス的なプレートもあります
周りも「いかにもニューオリンズ」という感じの巨大な街路樹&バルコニー付邸宅が並んでます
なんでこんなとこに観光客が来てんだ?という不審な目が・・・




どちらの家に行くにも路面電車で。この電車はラロッカ邸に向かう方。ちなみに、同じ方向には・・・




プロフェッサーロングヘアが晩年を過ごした家もあります。
こんな風に、ちょっと探せばミュージシャンの生家・暮らした家がいっぱいあるニューオリンズ。「ティパティーナ弾いてから電車で帰ったのか?それともタクシーか?」とか想像すると楽しめる場所です。


イカした床屋。バディボールデン=床屋伝説、床屋の裏でジャズが出来た等々。
虚実ないまぜのジャズの歴史。
やはりニューオリンズ=ジャズ~バディボールデン=床屋
床屋ははずせません。どんな床屋だったんだろうなとこれも想像というか、ほとんど妄想を膨らませながらフレンチクォーターをうろうろしました。バーボンストリートは歩いてみましたが写真を撮りませんでした。観光地化しすぎていて、ちょっと、イメージと違いすぎて・・・
プリザベーションホールも同じく。私には、プリザベーションホールのジャズより、ニューヨークで聴いたTerry Waldoのほうがずっとモートンを、Creoleを感じました。



銀座のバーハイファイブで研修してるバーテンダーさんが、もともと働いていたサゼラックバー。
ニューオリンズにせっかく行くならと行って見ました。
この日のバーテンダーさんに聞いたら
「あ~、知ってる知ってる。一月にいきなり俺は日本に行く!って出てったよ」
「彼、仕事してた?呑んでたんじゃなくて?」
だそうです。


ラモスジンフィズ

もちろん最後はこれ。ルーズベルトホテルのサゼラックバー。
サゼラック、アメリカ最古のカクテルとも言われています。元々、このホテルで開発されたわけではないのですが、現在はそのトレードマークをここが持っているのでしょう。

サゼラックと並んで有名なラモスジンフィズ。卵白やクリームが入るジンフィズ。日本では白いジンフィズと言えば「マッカーサーが呑んだ」でお馴染み、會舘フィズが有名ですが、ニューオリンズと言えばこれ。
ただ、どこでも出てくるものでは無く、町場のレストラン併設バーでは作ってくれませんでした。

味は・・・おいしい!ショートカクテル以外、まともに手がかかるカクテルをアメリカで呑んで美味しいと思ったの初めてかも。
ちょっとヨーグルトっぽいというか。アルコールを感じません。
ラモスジンフィズではさっぱり通じないで「レイモス」って感じの発音でした。

と、Creoleから始まりニューオリンズの音楽家達の家を周り、最後はおなじみアルコールで締める旅でした。そんなニューオリンズで感じた、夏っぽい感じを18SSではカタログの表紙でお届けしています・・・

9月に店舗にて配布・お客様へ発送予定です
ご期待ください

WORKERS 2018年春夏製品展示会に向けて・・・

2018年春夏製品のサンプル・カタログが完成し、発送準備中です。

Workers Co., LTDさん(@workers_japan)がシェアした投稿 -


毎回、この時期になると展示会に向けての考えがいろいろ浮かびます。
2017年8月、18SSの製品を目の前にして感じるのは・・・

「服は服」

世の中、売り方・見せ方が大事だ、服にまつわる情報が大事だ、色々意見はありますが、私にとっては「服は服」です。

たとえばシャツ、襟は綺麗に左右対称についているか、羽襟に乗ったステッチは蛇行していないか。前立ての縫い代は十分入っているか。そもそも、型紙のフィット感は機能的かつ、現代的。今の自分が目指す寸法を表現できているか・・・

売り場に並び、さらにお客様が手に取り、買っていただければ尚「服は服」です。どんなに素敵な空間で販売して頂いても、「服」がちゃんとしてなければ、いつかはお客様にガッカリされる。

やっぱり、メーカーがすべき事は品質・価格・納期。これらを守り、向上させる事を工場と一緒に実現していくことだと私は考えます。
一言で言えば

「ちゃんと服を作る」という事。

「皆そこまで細かい所見てないよ、品質にしろ、価格にしろ」と言われたこともあります。私はそうは思いません。それは買う人を馬鹿にしている。お客様に取っては、買った1枚がすべてです。
そのメーカー・ブランド、購入したお店に対する印象は1枚で決まります。
常に今よりもっと良く、完璧には出来ないけれどそれを目指して努力し続ける事が大事ですし、今後もしていきます。