From Cotton to Jeans, part 2

紡績・原綿倉庫~試験紡績


海上輸送された綿は日本の綿輸入商社の倉庫に保管される。アメリカだけでなくオーストラリア、ペルー、インド、ジンバブエ、中国、世界中からそれぞれ個性の違う綿が輸入される。最終的に作る製品により同じ「綿」でも求められるスペックが違うためだ。


本番の紡績(糸作り)の前に試験紡績を複数回行う。今回は、目指す糸形状を再現するため古着を解体し、そのムラ形状をスキャン。古くは、紡績の工程すべてが未熟であったためできてしまった糸太さのムラ。これを現代の技術であえて再現している。

混打綿~梳綿~練条



糸のムラ形状も決まりいよいよ量産紡績が始まる。まずは「開俵」。圧縮されパッキンに詰められた綿を開く。その後、適度な温度・湿度に保たれた部屋で一昼夜程度置くと固く引き締まった綿が緩んでくる。これにより、後の工程で葉カスを取り除いたり、ヨリをかけたり がしやすくなる。右は綿を空気で上に巻きあげ落とす事を何回も繰り返している。ジンで取り切れなかった葉カスや枝など、汚れをできる限り取り去る。





ロール状にまとめられた綿は「梳綿(カード)」という繊維方向を揃える工程に入る。櫛を使い一定方向に成った繊維がシート状になり、最後は撚りのかかっていないロープ状の「スライバー」になる。さらに、後の工程へ動かしやすい下にローラーがついたドラム缶のようなケースに収納されていく。


スライバーを縒り合せる練条。山忠紡績では7束のスライバーを一つに、さらに8束を一つに。結果、7×8=56本のスライバーを1本にまとめ、繊維の短い・長い/太い・細い部分を均整化する。できる限り均一な繊維の束を作る工程。

粗紡~精紡~コーンアップ



練条後の繊維は缶に入れられ別フロアへ運ばれ、繊維をさらに引っ張りわずかに撚りをかける「粗紡」工程に。その後、持ち運びがしやすい形にまき直され、いよいよ糸になる精紡工程へ運ばれる。



粗紡で巻き取られた糸になる寸前の状態が上につりさげられている。ここから下に向かって精紡機を通り、我々が指定したムラ形状、糸番手(太さ)の糸が作られる。現代では、この精紡機のコントロール部分が電子化され様々なムラ形状をここで作り出すことが出来る。古くは、ここまでの工程がすべて未熟であったためできて「しまった」ムラをあえてこの精紡で再現している。



完成した糸は「コーンアップ」という巻き直しがされる。精紡後の糸自体は精紡機の下についている管に巻かれ、約1200ヤード=1100メートル程度の長さ。これを「コーン」という紙管につなぎながら巻きなおす。1コーンあたりの重さが約1.89キログラム。今回の7番糸の長さに直すと約24500ヤード=22400メートル程度になる。

From Cotton to Jeans, part 1

来秋冬で作成するジーンズ。
綿から追いかけた工程をブログでも紹介していきます。

Cotton 原綿


デニムを作るにはどの国のどんな綿を使うか? そもそも私が目指す20 世紀中頃のアメリカの デニムに使われていた綿は?おそらく大量かつ 安価に手に入る米綿(アメリカ産綿)であろう。 品種改良により当時と全く同じ・・・とは言え ないが農作物である以上環境に大きく左右され る。そこで、米綿の中でも最もベーシックなア プランド綿。EMOT と呼ばれる「イースタン・ メンフィス・ニューオーリンズ・テキサス」地 方で取れる綿。その栽培から輸出までを見る為、 栽培地でありかつ綿輸出の集積地、メンフィスへ赴いた。






メンフィスはコットン売買の集積地。かつて相場を決めた建物が今はミュージアムに。 現在、相場は電子化されニュー ヨークなど他の都市で決まる。 穀物メジャーのベテラン社員はこのコットンエクスチェンジで仕事をしたことを覚えていた。


この30 年ほどの間にもコットン業界は様変わりし続 けているという言葉が印象的だ。歩いて数分にはミシシッ ピ川が。今では観光船が往時の喧騒を忍ばせる。

ファーマー・ジン・メジャー


まず私が「こんな綿で生地を作りたい」となると、生地商に相談する。 通常、そこから先はアパレルメーカーにとってはブラックボックス化されているのだが、そこは何でも見たいWORKERS。今回、織布・染色に加えて、最終的に図の左側、原産地アメリカまで。さすがに、穀物メジャーやエージェント、ファーマーからは「ここまで来た日本のアパレルはお前が初めてだ」と言われた。





アメリカの綿花畑で一番驚いたのが、この畑はコットン、隣は小麦、隣はコーンと多様な作物が植えられていること。農家は収入を安定させる為、常に作付をコントロールする。左は「ピッカー」と呼ばれるコットンを収穫する機械。右がその収穫され固められた綿。右を歩くのが「コットン専門のエージェント」。彼が農家からコットンを買い上げ、穀物メジャーへ売る。 コットンは収穫機械も専用。栽培コストがかかるので、農家が作付けを敬遠するのが目下の悩みとの事。






コットンは「ジン」と呼ばれる種子と綿を選別する工場へ。固められた綿はそのままトラックに積ま れ運ばれる。かつては人の手、その後は馬を使った簡易的機械によって行われていた選別も現代ではほぼ全行程が機械化されている。パッキングされた綿は倉庫へ運ばれ出荷を待つ。



エージェントから綿を買い日本との貿易を行う穀物メジャー。ここは綿の等級を決める「Classing Room」。今は機械化・標準化され、各地に格付けを行う機関がありめったに使われない。穀物メ ジャーは日本だけでなく、アメリカ国内の紡績メーカーにも綿を販売している。

南禅寺・山門





7-8年ぶりに南禅寺の山門に上ってきました。
京都、めったに行けないのですが行ったときは南禅寺に行きます。
「楼門五三桐」という演目の舞台だからです。

上に石川五右衛門、下に真柴久義(豊臣秀吉をもじって)が出てきて見得を切るだけの演目なのですが、私にとっては一番歌舞伎らしさを感じる演目なのです。

単体でも演じられたり、弁天小僧の一幕として演じられたり。歌舞伎も本歌取りというか、パロディー、違う演目に人気のシーンだけ取り入れたりすることがあるのです。

本当は銀閣寺や河原町戻ってごはんでも行きたいところですが、仕事が待ってるのですぐに帰ってきました。




この写真に見覚えがある方は相当昔からWORKERSを見てくださっている方。

当時はニュースペーパーバッグ片手に行きました。まだWORKERSで服はほとんど作ってなかった頃です。

あれから早7年?8年? 今も何とか洋服を作っていられることが奇跡のようです。

次の7-8年後も続けられているように、目の前の仕事を頑張ります。

Delivery March






http://www.e-workers.net/store/201503/top.htm


3月納品製品、20日ごろにデリバリーしております。
さっそく自分でもツールバッグを使っています。
それと、今回納品するCruiser Vest、WORKERSのワークシャツを最初から4年程縫ってくれていた工場のラストの仕事です。もともと、当時からすでに60?歳だったので、年と共に徐々に目が見えづらくなり引退。二人とも元気なので良いのですが、本格的服つくりは引退です。ぜひ、お近くの取扱店で二人の縫いっぷりを見てみてください。(B品あったらどうしよう・・・)


以下のお取扱店様にも出荷済です。
店舗様によりお取扱製品は違いますので、気になるものがあれば弊社までお問い合わせください。
最寄り店舗をご案内いたします。

ぜひ、店頭にて製品をご覧ください。



北海道
Dempsey Clothing
札幌市中央区南3条西1丁目12-19 エルムビル2F #203
011-219-7355
and ordinary
札幌市中央区南1条西1丁目2 大沢ビル6F
011-206-6629
関東
CIRCLE
東京都港区南青山6-15-1 アパルトマン青山1F
03-6450-5895
Junky Style
東京都墨田区両国4-37-6 中ビル1F
03-3631-8121
Pheb International
東京都杉並区高円寺南4-24-11-103
03-5929-9757
POST 78
東京都目黒区平町1-23-18 マヌワール都立大学 102
03-6459-5855
TOLL FREE
東京都目黒区上目黒1-6-5
03-3715-9278
KRAKEN
東京都町田市原町田4-12-4
042-725-6641
HEAD BERRY
千葉県千葉市緑区刈田子町13
043-497-2628
Rhythm
神奈川県横浜市西区南幸2-10-4望月ビル1F
045-412-6488
Mr OLDMAN
群馬県前橋市南町3-48-9
027-289-0153
MameChico
栃木県真岡市台町2418
0285-81-6758
diaries
茨城県つくば市松代2丁目1−5
029-875-7754
東海
Spiral
静岡県浜松市天竜区二俣町二俣1385
053-925-6001
HI-DEE'S
静岡県沼津市新宿町7-1
055-925-5857
BLISSWEAR CLOTHING
静岡県静岡市葵区鷹匠1丁目4-1-1F
054-653-4750
GREAT
愛知県名古屋市中区大須 4-1-6
052-241-7567
eclectic
愛知県刈谷市銀座4丁目113番地
0566-27-5405
Top Jimmy
愛知県岡崎市康生通東2-42
0564-26-1881
CHELSEA For life
三重県四日市市安島2-4-18 1F
059-352-5228
北陸
SUGAR VALLEY
新潟県長岡市城内町2-6-29
0258-38-6252
NORTHERN ISLAND
新潟県新潟市中央区古町通4-634
025-223-7223
matin
富山県魚津市上口一丁目4-21 
0765-22-9221
近畿
McFLY
大阪府大阪市西区北堀江2-2-19
06-6585-7173
MAPS&SONS Co.
大阪府堺市堺区五月町1-1
072-222-5459
Uncle John
和歌山県和歌山市狐島601 シマハイツ1F
073-460-9727
Amboy
奈良県奈良市西城戸町24
074-226-1556
Yosemite
奈良県橿原市 葛本町147-3
0744-23-4730
ERUPTION
兵庫県西宮市門戸荘17-64
0798-52-0880
nest clothing store
神戸市中央区下山手通3丁目6-1
078-331-6194
中国
Sweet Sue
岡山県岡山市北区中山下1-5-50
086-234-5358
ROOSTER
広島県広島市中区吉島西1-1-4
082-245-1045
四国
RADICAL
高知県高知市秦南町1-3-12 ジョージハウス1F東
088-873-5270
九州
gigile
熊本県熊本市西梶尾町451-1西嶋第2ビル102
096-245-3866
Acoustics
熊本県熊本市中央区新市街12-9 2F
096-354-4484
GOOD NEIGHBORS
鹿児島県鹿児島市住吉町7-1
099-295-6658
Cape Cod
鹿児島県鹿児島市照国町14-13鹿児島県菓子工業組合ビル1F
099-239-1515
UK
Son of a Stag
9 Dray Walk The Truman Brewery 91 Brick Lane
E1 6QL London
0207 247 3333