金型抜き


英語で何と言えば良いのか・・・昨日は、長尺の金型抜きをお願いする工場さんに挨拶に行ってきました。

昨年あたりから部分的に革を使ったバッグに取り組んでいます。
各パーツを抜きだすのに、刃がついた金型と、クリッカーと呼ばれるプレス機を使います。
幸い、近所の刺繍屋さんが持っているクリッカーを借りて製品作りを始めました。

とても便利な機械ですが弱点が一つ。
クリッカーの上・下面の長さ以上の物を何十回、何百回と繰り返し抜くうちに金型が弓なりに反ってしまうのです。
原因は、上下面の長さが足りないため、金型を二回以上打つことからです。金型は基本、二度打ち厳禁です。

当然、長尺用に幅の広いクリッカーがあるのですが、弊社のような少ない数量でお願いできるところは中々有りません。
が、今回、有りがたい工場さんが見つかったのでさっそくご挨拶に伺いました。



そもそも、バッグを作るときなどはいわゆる「バッグメーカー」にお願いして、各付属をそろえてもらい、製品として納品してもらうのが普通のやり方です。

でも、それでは面白くない。

せっかくWOKRERSで作るからには、自分の身の回りの生産背景で、普段ジーンズ等を縫っている工場だからこそできるバッグを作りたい。
そんなところからLeather Handle ToteやTool Bagが生まれてきました。

私の好きなアメリカの古いバッグを見ても、やはり今のバッグメーカーさんとは違う、分厚い生地を縫うミシンであったり、リベット打ち機であったりが多用されている事も、岡山でのバッグ作りに注力したきっかけの一つです。


児島・岡山はジーンズ関係の集積地なので、 リベットやジーンズ用ボタンはいくらでも手に入りますが、たとえばナスカン一つでも途端に話が遠くなります。
そこで、鞄の集積地と言えばやはり浅草・蔵前近辺です。
自分はもともと埼玉出身で、友人が偶然浅草・浅草橋に居た事もあり、学生時代は浅草橋近辺をウロウロしていました。

他にも鞄集積地と言えば、豊岡や大阪もあるのですが、土地勘と何と言っても集積の度合いが一番高いので東京で仕入れをしています。
ちなみに、リベットセッターは大阪出身で、今もメンテやパーツは大阪です。

話がそれましたが・・・

そんな風に、岡山の縫製を活かすバッグ作りをする為、東京、大阪 、名古屋、そして一部部材はアメリカからも取り寄せつつ一つの製品にしています。

だいぶ苦労はしました。その間の出張費は考えないようにしています。
おかげで、規模は小さいながら、 クラシックなツールバッグを基本にした作りであれば、海外製品にも負けない製品作りが出来るようになってきたと思います。

とにかく、一つ一つ、機械であり、部品でありをクリアしていく事で次の製品が出来、またそこで覚えた仕様を転用してさらに新しい製品を作る。

小学校のころやった算数のようですが、いきなり難しい問題はできません。基礎をして、そのうえでその基礎を使って次の課題へといった物作りです。

Upcoming

やっと12月以降の予定を更新しました。

http://www.e-workers.net/store/upcoming.htm


December
JUMPER, USN ,Pin Stripe, Beige Herringbone
昨年も好評だった、USNのデニムカバーオールを元にした一枚。
素材を昨年と同じヘリンボンのベージュと、ワークウェアでおなじみ、ピンストライプに変更しました。

ヘリンボンは薄く、いわゆるシャツ生地。ピンストライプはもう少ししっかりとして硬く、今まではワークパンツ・どワークなカバーオールに使っていたものです。



- USN Shirt, Blue Chambray, Olive poplin
USNのシャンブレーシャツをお手本に作りました。
手持ちの二枚を参考にしつつ、以前買いたくて買えなかったフラップつきをモデルにしています。
ビンテージでもたまにあるのですが、本当に「たまに」なので買えなかったのです。
単純に着たい、その気持ちから作りました。
オリーブのポプリンはARMY物より、もう少ししっかりとした、ハンティングやアウトドア系のシャツでよくある生地です。シャンブレーより、防風性・若干の撥水性があります。


- Tool Bag,Khaki water-resistance duck,
最近かかりきりだった非常に厚い、防水帆布で作ったバック。
持ち手をレザーに、口止めをミリタリーでおなじみのドットに。肩ひもも、アクリルですが見た目はほぼ綿と同等。さらに、より厚く、強度も高い一本です。



January
- Western Shirt, Ref ROEBUCKS, OW or Washed
シアーズローバックのウェスタンシャツをお手本に。
ワンウォッシュと、加工。
春先、M1951やベーカーといったカーキ系のパンツになぜかウェスタンシャツを合わせて着てみたい。
ただ、その気持ちから作っています。
塗りのニップルタイプスタッドボタン、細かいステッチが特徴です。
生地は、インディゴに少し硫化を混ぜたくすんだ色の8オンス程度のメンフィス綿デニム。


- Work Pants, Double Knee, Ref HERCULES

お待たせしました。HERCULESのダブルニー、登場です。
濃色のインディゴ100%、10オンスデニム。
デザイン上、型紙に制約があり、オリジナルに近い極太シルエット。
特徴的なバックシンチ、二本針ミシンをふんだんに使った縫製。
これぞ、ワークパンツといった一本です。


- Work Vest, Indigo Wabash
以前から、「フロント裾がストレートな、ワークウェア的なベストが欲しい」という声を多くいただいていました。
せっかく作るのならばということで、Wabashで企画しています。
オリジナルにあるかと言われればおそらく無いでしょう。想像の産物。
でも、ワークシャツやウェスタンシャツに、ワークベスト。合わせて着てみたいと思います。

- Painter Tote Bag

HERCULESのペインターやオーバーオールのポケット、CPOシャツで作った片倒しラッパ、これらを融合して一枚のバッグに仕上げます。

無理やり

WORKERSでは初めて、加工の入ったウェスタンシャツを作成中です。
春先に軍パン+色の落ちたウェスタンを着たいのです。
ウェスタンシャツを作っているメーカーもたくさんありますが、少しデザインが入りすぎてるなぁと思いつい手が出ませんでした。
モデルはローバックスの偽フロントヨークの一枚。

このシャツ、良く見てみると無理やりな仕様が多々あります。 





開き部分、前立て縫いミシンを使っているのですが、剣ボロの端からステッチ落ちまでが狭すぎて袖が入りきらず裂けています。
気持ちはわかります。フロントのように、ステッチを生地端から奥にする事が出来ないので(デザイン的にもおかしいです)、こうならざるを得なかったのでしょう。
量産には向いていますが、弊社製品の品質としてはNGです。なので、ここは平ミシンでこの幅の始末に変更します。




後ろヨーク。ここも二本針チェーンステッチミシンで無理やり縫っています。
もともと、急角度がつけられないミシンなので、ヨーク部分はゆったりと曲げてはいるのですが、それでも目が飛んでいます。
ここも幅は同じで平に変えます。

このように「Vintage=正解」では無く、今見れば無理やりだろう!という仕様も多々あります。
ただ、それらを全部除いてしまうと、せっかく自分の好きな古着やビンテージの風合いが全くなくなってしまいます。

たとえば、今回の始末でいえば、剣ボロの幅、形。ヨークのステッチ幅、こういった部分は真似しつつ、問題の起きる部分を他の始末方法に変えます。
これで、雰囲気は維持しながら品質を上げようという訳です。


Work in progress







まだまだ続く、鞄作り。

本日は持ち手です。前回は、裏側の革をステッチで仮止め、そのステッチめがけて目検討でリベットを打ちました。
一見、良さそうにできていますが、やはり100枚作って同じ寸法に成るかと言えば難しい仕様でした。

そこで、手間はかかりますが、持ち手・裏の当て革・本体、すべてに一度下穴を開けてからリベットを打つ方法に変更。

それに伴い、リベット打ち機の設定を変更します。
パーツリスト、112番のパイロットピン。通常は、このピンは下げた状態で使います。
このピンが立っていると、穴が開いていない部分に打つには邪魔だからです。

114番、ピン押しバネを取るとパイロットピンが引っ込みます。

と言う事で、設定を変えて打ってみましたが・・・まだ微調整が必要。
というのも、パイロットピンが上に向かって出すぎていて、革・生地・革と挟んでセットする際に、打ち具の上側との隙間が足らず引っかかります。

さっそく、パイロットピンを追加注文。届き次第、ピンの長さを短く切って使う予定です。

おとなしく、手打ちにするなり、リベットを通常のカシメにするなりすれば楽な話なのですが、それでは負けです。(何に負けてるのか良くわかりませんが)

弊社リベット打ち機の能力を最大限発揮した製品を作ります。

完璧


先日から試行錯誤しているバッグの口止め部分。
穴を開けてから、止め具をペンチで止めるというアナログな物を使う事にしました。
打ち具がそれなりに良い値段がするので、どんなものかと思っていたら・・・火造りの良いのが届きました。
さっそく、量産に使う生地を量産と同じ厚みにして抜いてみると・・・完璧です。(当たり前ですが)

ミシンのラッパ、ボタンの打ち具、穴あけ具など、量産製品はその製作工程に金具が満ち溢れています。
こういう部分をいわゆる「メーカーさん」任せにしてしまえば、楽に物は作れるのですが、ノウハウがたまりません。

何より、私自身、古着や既製品を見るたびに「どうやって作るのだろう?」とその工程を推測し、リサーチし作ってみる事が好きです。いざ作ってみると、簡単そうに見えて工夫がたくさんあるのがわかります。今回の口止めも、いろいろ試して良い物が見つかったと思います。



こちらは、また別な製品のポケット。こちらも完璧。
最近導入した2本針平ミシンがさえます!角角の、ごくいい加減なチョウチョの出方。
これは、ビンテージ二本針ならでは。(いや、現行でもケンケン使わなければ出るのですが)

でも、いざ縫ってみると、現行ミシンと古いミシン、やはり感覚が違うのです。
縫いあがってしまうと、中々わかりづらいのですが。

Trousers, Parachute



http://www.e-workers.net/items/trousers_para/1.htm

久しぶりに更新。
俗に「パラシュートパンツ」と呼ばれるものをアップしました。

いわゆる、41カーキの裾をすぼまらせ、さらにカーゴポケットをつけたデザイン。
ただ、同じカーゴポケットのついたパンツでもM-1951と比較するとそのシンプルさが際立ちます。
M-1951は完成された良さがあるのですが、ちょっとやりすぎ感もあります。

その点、今回のトラウザーズはシンプルでありながら、左右非対称のフラップ、ポケット本体の縫いしろ形状とステッチ、それがフラップと交差する部分など、妙な美しさがあります。

バックから見ても、片方だけのボタン、サスペンダーボタン、細いループとトラウザーズらしさがふんだんに盛り込まれたところにカーゴポケットだけが何か、収まりきれていない感じがします。

この特徴的なシルエットをはいて感じてみたい一本なのですが、私には小さすぎ、そして値段もおいそれと履けるようなものでは無いのが残念です。

Godfather Waltz



先日、人と話していて「好きな映画は何?」と聞かれてとっさに出たのがゴッドファーザーでした。

後から考えれば、シカゴ、シービスケッツ、海の上のピアニスト、シンデレラマン、セントオブウーマン、いろいろあるのですが、とっさに出たのがゴッドファーザー。

マリオプーゾの原作も翻訳ですが読みましたし、何より「マフィア研究家」の常盤新平先生(お会いした事も無いですが勝手に先生です)の影響が大きい。

曲も好きです。ゴッドファーザーと言うと、あのヤンキーがバイクのホーンで演奏する
「タラリ タラララ、タララララー」 (本当は Love Themeという曲です)が有名ですが、映画を見た人であれば象徴的に使われるのがGodfather Waltzと感じるのではないでしょうか。

そして、何より印象に残っている理由は、私が悩み抜いている時に見たからだと思います。
製品作りを始め、少しづつ反応もいただけるようになりました。その影で、いろいろあきらめました。

やり場の無い気持ちを酒におぼれながら、映画を見る事で晴らしていました。

そんな時に見たのがゴッドファーザー。特に1と2で、頑張れば頑張るほど、結果は出るけれど家族は壊れて行くマイケルコルレオーネの姿をじっと見ていたのを今での覚えています。

人生、楽しいだけならば良いですが中々そうもいきません。酒も少し苦いからおいしいのと同じだと思います。
そんな時に見たり、感じたりした事は後から考えると一生の思い出になっています。(渦中に置かれている時は、そんな余裕はありませんが)

Update, Stocks


http://www.e-workers.net/store/stocks.htm

ストックを更新しました。
ストックと言っても、各1枚づつ自店分のオーダーです。


そして、口止めの方法は決まりました!
もともと、古着で「乳首」なんて呼ばれるスナップで止めようとしたのですが、力が弱くてNG。
そこで、このミリタリーに使われた力の強いスナップを。

ただ、このままではだめ。良く見ると、三つ折りの下側、ステッチを切ってしまう位置に穴をあけています。
ということで、この幅を変えて二度目のサンプル。
三巻の幅を変えると、脇部分の革の部品がそのまま使えるかどうか微妙です。もろもろ、まだ微調整が必要そうです。

How to make pocket





これで合っているでしょうか? 
自分で縫ってしまえば、指示が無くとも実物を見ればわかるのですが、いざ「量産」する時にはこのような仕様書がどうしても必要になります。

一度作って置けば、繰り返しその仕様をするときも楽です。
やはりポイントは二本針の平をふんだんに使っている事ですね。

部品をまとめてからロックあり、切りカマあり、中間工程でシャツ穴あり。
中々、工夫に富んだ仕様です。

ボタン作りの悩み



次はスナップボタンを作ろうとデザインをしていました。

通常で考えれば、弊社ワークウェアブランドのRAILROADERSのタックボタンと同デザインになります。

が・・・、若干このデザインも飽きてきたので、HERCULESみたいな周りに枠入りでRAILROADERSなんてどうかななんて思うのですが、タックボタンはまだかなり在庫があるので、今すぐにデザインを切り替える訳にもいきません。

過渡期モデルでボタンが混在している・・・なんてのもあっても良いのかなぁと思いつつ。

A案:あくまでRAILROADERSはデザインをそろえる
B案:スナップは新しいデザインで

どちらが良いでしょうか?ご意見がありましたら、Contactよりご連絡ください。

余談
実は、今からもう・・・9年前!更新日時が2003年のファイルが上のデザイン案。
当時、予算が無くて作れもしないボタンのデザインを夜な夜なしていました。
まだ、WORKERSを始めてもいませんでしたし、今考えてもWORKERSというのは中々ロゴを作るのが難しいです。
DCブランドだと、もう全部社名やブランド名でラベルやボタンを作るのでしょうが、やはり私は最初のとっかかりがレプリカ。なので、つい、自分が作ろうとする製品に似つかわしいネームやブランドを使い分けてしまいます。

昔のメーカーも、ブランド名がそのまま社名(たとえばCROWN)もあれば、社名・ブランド名は違う(Larned Carter & CoでHEADLIGHT)もありました。

メーカー名まで架空で作りあげてしまうあたりは、やっぱりレプリカ的ですね。

Thank you for waiting!!!


本日、1904 Jacket 出荷です。

今、着ながらブログを書いています。
自分の製品をほめるのは、恥ずかしいのですが、良い出来だと思います。

ツイードジャケットが好きになり、古着に始まり、ブルックスブラザーズのアメリカ製古着やらケーブルカークロージャー。ブラックフリースに、他現行メーカー、いろいろ買いました。着ました。
テーラーにオーダーもしました。

自分で作るなら、それらとは違う、ある意味ラフなんだけどWORKERSらしさが無いと思い試行錯誤した一枚です。

一部、サンプル作成の際に気になった部分も完璧に修正されています。

もっと、仕立てに手が込んでいる、綺麗に作られている、ちゃんと作られている洋服もたくさんあると思います。
それでも、自分が今思うシルエット、仕様、価格のバランスが取れた良いジャケットに成っていると思います。

自分用にも、サイズ40と42を買いました。今風にタイトに着るときは40、中にセーターなど着こんで本格的にアウターとするなら42です。
袖丈は、ちょっと長いので修正をしたいのですが、多少は皺や伸び・縮みで袖丈も動くと思うので、しばらく着こんでからにしようと思います。

ぜひ、お手元に届きましたらまずは鏡の前でご試着ください。
ご満足いただける事を願っています。

trial and error




先週、縫いあがったバッグにリベットを打ってみました。
脇は問題ありません。ミミの無い生地をたがいに巻き込みながら縫っています。

ここも、この一年ほど「どうやったらよいか・・・」と悩んでいた部分です。
革でカバーがされていますが、口部分の裏は生地がとても厚いので縫えません。
通常は、口をもっと薄い布でパイピングしたりするのですが、それでは面白くない。
と言う事で、リベット留めにして、さらにそのリベットを脇のDカンをひっかける革でカバーしてみました。

これで完成か・・・となるのですが、まだ持ち手部分や口閉じに問題があります。

今回、口を軽くでも止める方法が何か無いかと数種類のスナップを打ってみたのですが、どれも力が弱く簡単に取れてしまいます。
生地自体、かなり強度があるので、もう少し力の強いスナップが必要です。

スナップ以外の方法、たとえば一澤帆布は紐で止める仕様ですし、ナスカンを使って止める方法もあります。ただ、スナップに比べるとやはり手間がかかります。

そこで、以前から「これは使えるのでは・・・」と思っていた付属を取り寄せています。
来月あたりに登場させたかったのですが、間に合わないかもしれません。

間に合わせる為に、口止めの仕様を辞めてしまえば簡単な事です。
試行錯誤しても、結果スナップの口止めは上手くいかないという可能性もあります。

それでも、やはり試行錯誤して、納得したうえで出来ない仕様はできないと言いたいのです。

New tool bag, new sweet cats




朝、ブログを書いてから一度児島へ。
必要な資材をそろえて、再び工場へ。

久しぶりの大がま平ミシン。下糸にも太い糸を巻くので、ボビンを入れる釜がとても大きくできています。
針も極太。
正直、摩擦の強い綿糸で完全に調子を取るのは難しいミシンです。
化繊糸であれば、もっと細い糸でもこの厚みを縫う強度はありますし、目調子も良くなります。
それでも、あえてこの太さの綿糸で縫うからこそのWORKERSらしさがあると思います。

縫製は完了。来週はこれにリベット打ちです。上手くいくとよいのですが。





そして、我が家は増えに増え、いつの間にか猫5匹体制。
上は、もともといた猫に柄はよく似ていますが違う猫。マコ。もともと居た猫「マチ」によく似て女の子なので、マコ。
下は、Abnerからとってアブ。でも女の子。

他にもシロという新しい猫が居るのですが、高い所に居て写真が撮れませんでした。
本物はもう少し子猫子猫しているのですが、写真に撮ると獣っぽいです。

Sold Out, Sorry!

ブラウンのエプロン、売り切れました。
ご注文ありがとうございます。

今日は、これから12月サンプルのバッグを作りに工場へ行ってきます。
超極厚・極太糸が使えるミシン。綿糸で縫うので、摩擦が強すぎた時のためのシリコンも準備万端。
では、行ってきます。

Update




風邪をひいてしまったので、今回少しあっさりですが製品情報をアップしました。
説明はあっさりしていますが、製品はコッテリしています。


Sack Coatは、知人に見せてもらったチェックのカバーオールが着想の元です。
「ある意味、ワークでも最強」な生地。見つからないという点でも、着ると意外と今でも普通に着られるという点でもです。
まず出てこないであろう、濃い色のワンウォッシュと、リアルに出て着たらこの程度だろうな、という色落ちしたものとラインナップしました。

バストラインは、少し小さめに作っています。これは、弊社自体がシャツはゆったり、ジャケットはぴったりが好きというだけです。もし、あくまでコート然として着たいのであれば1サイズ上をご検討ください。


ストライプのシャツ、もともととあるお客様と「こんな仕様が良いですね」といった話をしていました。
その企画にちょうど良い生地もあったのですが、すでに廃番。
と言う事で、また生地屋さんに企画をお願いし、サンプルを貸したりしていたのが今年の初めごろ。

生地は完成後、すぐに見せてもらい企画も考えたのですが、なにぶん、月に1-2個しか企画しない弊社では中々順番が来ませんでした。
ボタンも2ピースの真鍮製を使い、お待たせした分かなり豪華な仕様になっています。


そして、このストライプ生地のパンツ。
つい、トラウザーを作りたくなってしまうところを、あえてワークパンツに。
それも1ポケット、中途半端な形のシンチベルトといった未熟なワークパンツとでも言える仕様です。
型紙自体は、ジーンズのそれに類似しているので、はいていて違和感を感じるような特徴的なシルエットではありません。

上綿帆布エプロン。別色ならば、あるのですが、この色の上綿・10号・パラフィン無しは最後です。
以前から、やりたかった企画を、上綿帆布最後の企画にできてうれしいです。
着ると、若干宮崎駿チックになりますが、ちょっとした作業に、料理に、やはり形からはいると雰囲気が出ます。

再び 店舗臨時休業のお知らせ

11/6(日曜日)は、店舗を臨時休業いたします。
ご来店を予定されていたお客様、申し訳ありません。
ついに、風邪をひいたようで寝込んでしまいました。

次週以降は、またオープン予定です。

Upcoming, November




本日、これからモデル撮影を行います。
ストライプのシャツ、パンツ。そして、チェックのカバーオール。
やはり、ありそうで無い物になっているのではないかと思います。
エプロンもありますので、ご期待ください。