Wabash, Cap




完成のうれしさのあまり、かぶりながら更新中です。

やっと、2回目の帽子が完成。
帽体を以前より少しだけ浅くして、さらに調整が出来るように後ろ中心に切れ込みがあり、革のストラップをつけました。

ツバの芯も以前はボール紙を使いましたが、ビンテージらしいとはいえ折れたらおしまい。洗う時も、ツバに水が染み込まないように・・・と手間がかかります。
そこで今回は、「やわかく、折っても大丈夫。でも適度なハリと厚み」という事で素材を探しました。

それが最後の写真。恩年60ウン歳?の帽子屋さんとの熱いビジネストーク中の一枚。
帽子をお願いするときは、すごく下手ながら自分で作ったサンプルを持って行きます。
自分で作ってみるからこそ、難しいお願いする部分がわかるので「大変難しい部分ですが、良い案は無いでしょうか・・・」とお伺いを立てるわけです。

ツバの芯がやわらかいと、ツバを縫って芯を入れた時に形がしゃっきり出ません。
帽子屋さん「ツバ周りがパイピングならなぁ簡単だけど、あんたそれじゃ納得いかんのだろう~」
WORKERS「そうです!パイピングはそのうちまた違う生地で作りたいんですけどね」
帽子屋さん「良いようにできるかのう、であんたのことだから今回もステッチは環縫いだろう」
WORKERS「もちろん!」

と言ってから2週間。
帆布・フェルト・帆布を接着芯で1枚にして、それから抜き型で抜くというアイデアでした。
さらに、接着も水溶性なので洗うと中で芯材同士が浮いて、それをステッチで止めた状態になります。
一口に「接着芯」と言っても、ガチガチに硬くなってしまう物あるのですが、今回はあくまで「仮接着」状態で、洗い後は邪魔をしないように水溶性です。

芯が決まって、そこから縫製。(実はこの間にパターンの駄目だしもらって型紙の作り直しもしてました)
縫製の模様は今回もしっかり写真に収めました。それにしても、これといったアタッチメントやら自動ミシンも使わず、レディたちが器用に作ります。

さらに、今度は革を買いに某所へ。今回もイタリア製のねっとりした革です。この革の方が摩擦があってしっかり締まります。
それから、抜き型を作ってもらい、今日クリッカーを使って抜いて、それを仮止めしてリベット打ち。(クリッカーの圧力が強すぎて、抜き型を台に食い込ませたのは内緒です)

そんなこんなで、やっと今日完成です。簡単そうで、長い道のりでした。
でもおかげで、完成度には満足です。

Update, Stocks





http://www.e-workers.net/store/stocks.htm

ストック品を更新しました。
本来であれば、店舗で今日陳列しようと思っていたのですが、この荒天であきらめました。
本当にボロイ建物なので・・・補修を大家さんに頼んでも「だったら出ていけ」と言われました。

ちなみに、店舗ですが今の場所で来年までは続ける予定ですがその先は未定です。

年に1-2回程度、東京や大阪で出張店舗をする案、サンプルを多めに作って販売店様にお送りして巡回・実物を見ていただく機会を作るなど、店舗以外で製品サンプルを見ていただける機会を作ろうかとも思っています。

店舗自体は今後も続けたいのですが、今の場所は難しいかなぁという感じです。
なにぶん、今後の弊社の売れ行き次第という部分もあるので、すべて予定は未定です。

5/29 店舗 臨時休業

本日、台風による荒天のため店舗は休業いたします。
築数十年の店舗のため、雨、風でどのようなダメージがあるかわからない為です。
ご迷惑をおかけいたして申し訳ありません。

Lot808, Shipped





お待たせいたしました、本日3月に受注いたしました製品の発送を行いました。
夜遅くなってしまったので、郵便局からは明日各地に向け発送になります。
お近くの場合あさって、遅くとも中一日でしあさってには到着の予定です。

上の画像は、ひっそり行われていたLot808穿きこみコンテスト優勝作品です。
普段、膝を床につくお仕事をされている方なのでひざ部分の下側が顕著な色落ちをしています。

ある程度、俗に言う「根性ばき」をしてもらったようで、ひざ裏のハチノスがここまで出ているのに驚きました。
Lot808は決して太くはありませんが、現代的なスキニーでもありません。それでもここまで出るのを見ると、やはり色落ちは穿き方次第という部分があるのを再確認しました。

今回のLot808やトリプルステッチBDは在庫をいつもより多めに作っています。
こういったベーシックな製品はじっくり悩んでご購入いただければと思った事、そして単純にジーンズやワークシャツ、BDが並ぶ処が見たかったからです。(あまりやりすぎると潰れるのですが)
週末には店舗でもご覧いただける予定です。

Days

先週、仕入で出張したつけが来て今週は仕事に追いつけません。
今日はこんな型紙を作っていました。ベタですが、やはりワークが好きです。

昔から作りたかった、袖口が表見返しのエンジニアジャケット。
あらゆるメーカーの良いところを盛り込んでデザインしてしまいました。やり過ぎかなぁと思いつつ、こんなのが古着で出たら嬉しすぎるジャケットです。
秋の稲刈りの頃に着られる納期設定です。

ご注文ありがとうございました

レイルロードジャケット、ワークパンツ、ワークシャツとご注文ありがとうございました。
今日はさっそく集計と、発注をしました。完成をご期待ください。
ジーンズ・ワークシャツ・BDシャツも今週中には完成予定です。こちらもご期待ください。

以下、いろいろと近況報告を。

東京に出張に行って買ってきました、INVENTORY。
以前はカナダから送ってもらったりしたのですが、届かなかった事もあり、良いタイミングで出張も重なったのでビームスで購入。問い合わせすると
「鈴木さんの表紙しかないのですが・・・」と言われ「それが欲しいのです!」と返事してすぐに取りに行きました。

やはり、読んでいて一番おもしろかったのはウールリッチの記事でした。最初は2シーズンだった予定のウーレンミルズのデザインが10シーズンも続いたことやら、若かりし頃デザインをしていたこと、その時出来なかったことが時間と共にいろいろ学んでできるようになったことやら。
絵型もどれも綺麗で、自分もあんなのが描ければと思いじ~っと見てしまいました。

東京の後、名古屋の後輩を訪ねたのですが、そこでも「今年の秋冬の青・黒ウールは欲しかった。今でも欲しい!」と、久しぶりに洋服好きの与太話にも花が咲きました。


こちらは、今月の初めから企画を進めていた帽子。
久しぶりの登場ですが、今回は寸法を調節できるストラップを後ろに追加。帽体も、前回よりも浅めに作っています。

仕事場から車で2分の帽子屋さんで作ってもらっていますが、生粋の帽子屋さんです。私がサンプルのサンプルを自分で作っていくからかどうも気に入ってもらえているようで(勝手に思い込んでいるだけかも)、毎回細かな技術的な話で長くなります。大変ですが楽しいのです。
たかが帽子と思っても、やはりノウハウというか、型紙にも素材にも勘所がいろいろとあります。

今回は、ツバの芯に、折っても大丈夫なキャンバスとフェルトを張り合わせたものを使います。さらに水溶性の接着で張り合わせるので、洗った後の風合いも柔らかになります。



先住猫とは、まださすがに大きさが違いすぎて、そのままだとかみ殺されてしまうので檻越しでの対面です。
あくびをしたベストタイミングでの写真。実は、つっかかっていくのはチビのほうです。


そして、彼女がじ~っとみているのでそろそろ寝ます。毎朝、5:30には起こされるので。では、おやすみなさい。

Tokyo



東京というよりは、浅草橋・蔵前・浅草です。東京というよりは、浅草橋・蔵前・浅草です。
先週は、仕入れのために久しぶりにこれらを回ってきました。

土地ごとにそろえられる素材、工場に特徴があります。
岡山では、ジーンズ工場や、それに関する部品は手に入りますがそれ以外となると途端に集まらなくなります。
東京のこの浅草橋近辺は、ベルト、鞄などの工場・部品/素材屋さんが集積しています。
同じようなものが大阪でもそろうのかもしれないのですが、学生時代の同級生が住んでいたりして土地勘があるので、つい浅草橋近辺まで足を延ばしてしまいます。

写真は、浅草橋から蔵前に歩いている途中で見つけた、チャコペーパー!こんなとこにあったとは・・・と思い、つい写真に。いつも仮縫いの時にお世話になっています。

もう一枚が、すべての仕事を終えて疲れ果てて休んだ公園。風が気持ち良い日でした。

このあたり、昔、福禄寿さんにソールの修理を出す時や、アルフレッドサージェントを扱っている靴屋さんに行くとき歩いたのですが、道が四角に交差してないので道を間違えると迷います。当時はiphoneもなかったのでなおさらでした。
明らかに「この道は・・・」というところにも迷って、あせって通り過ぎたりしました。

学生時代に、名所を巡る授業で待乳山聖天にも行ったり、祖母が若かりし頃南千住に住んでいて、当時の浅草がいかに華やかだったか聞いたり、いろいろと思いで深い土地です。

近況

先週は、出張で仕事場を離れていたためブログも更新できませんでした。

その間メールはとぎれとぎれですが、返信していたのですが、おひとり、先週ご来店いただいたお客様だけなぜか返信できずエラーメールが返ってきてしまいます。docomoの携帯をお使いのお客様です。

ぜひまた、カメラの話しに遊びに来てくださいね。
以上、今週は(も)暇なお店からでした。

Long Wing Tip Barrie Last

オールデンのコードバン、ロングウィングチップをアップしました。
特別なものではないですし、雑誌、他のホームページなどでも語りつくされた感のある一足ですが、次回、内羽のウィングチップがありまして、それとの対比という意味で掲載しました。

この靴も、買うまでえらい長い時間がかかりました。
確か、ラルフローレンあたりがコレクションでこういったロングウィングチップをジーンズに合わせているのを見て「かっこいいな~」と思ったのが最初。遅いですね。

このあたり、今40-50代の方のようにTAKE IVYも通っていなければ、そもそもがファッションに対する意識も低かった自分らしい部分です。
そして、ロングウィングチップを探すのですがありそうで無い、無い、無い。
REGALがやっていたジョンストン&マーフィーでもそっくりな靴を作っていたのですが、価格がちょうどアメリカで買うオールデンとほとんど同じぐらい。
「だったらいつかアメリカ行くまで我慢だ」と4-5年待ちました。

モデルをお願いしている後輩に「靴たくさんありますね~」と言われるのですが、これらの靴は何も1年、2年で買ったものではありません。バイトをしだした18ぐらいのころから、年に一足・・・と思い買い進めてきた物ばかりです。世の中には、もっとたくさん持っている人も居るし、短期間でたくさん買われる人も居ますしね。

多い、少ないというよりは、ストレートチップ、同じメーカーでどう違うかな?とかメーカーが変わってどう雰囲気が変わるか、その雰囲気の違いはどの部分から感じるのか、そんな事を感じ取るのが楽しくて、似た靴ばかり買っていくわけです。

茶色のコルクソールのブーツや短靴がやたら多いのも同じ事です。

靴を見ていて思うのが、煎じつめると私のコーディネートは
・ワーク
・アメリカントラッド
・リゾートというかスポーツウェアというか

これしかないのだなぁと思います。
今回の、ロングウィングチップだと、本来はど「アメトラ」なのでしょうが(チノとか)、私はやっぱりラルフ様のトラウマが抜けてないのでしょうね、ジーンズにBD、ジーンズにワークシャツ、そんな組み合わせに成ってしまいます。

Sample, Belt

サンプルベルトが出来上がってきました。
コバを見てもらいたいので、上からの視点で。

手前、超絶技巧とでも呼びたいような仕上がり。顔料ではありません。
向こう側、革の色を残した仕上げ。これも良い。

しばらく、使ってみてバックルの色変化を確かめてから作ろうと思います。

Hand Tailored Tie





http://www.e-workers.net/store/spot/201105/ia1.htm

お待たせしました、インドマドラスのネクタイ販売開始しました。
やはり、売りは「ハンドテーラード」。まつり糸の最後をループ状にしているのがその証です。

春夏のネクタイと言えば、やはり綿織物のネクタイ。(かたーいビジネスの場所ではやめた方が良いですが)
ワークシャツに、ボタンダウンに。
+1本あると、シャツやスポーツジャケットの着こなしが楽しめますよ。

Now in stock at Retail Store


今日・明日とお店オープンしております。
だいぶネクタイのストックがあがりました。
今週、撮影機材が壊れてアップできませんでした。今日、やっと部品が届いたので、これから撮影します。

今回、新たに作ったハンドテーラードタイは、表地にインド製マドラス。中の芯は適度な厚みとやわらかを持った布芯。
自分で何日かしてみましたが、芯の厚みがちょうど良く、表地も摩擦が強すぎず、少なすぎずでしめやすいです。
ワークシャツに、ボタンダウンシャツに、どちらにも良く似合います。

ネクタイ屋さんにも言われたのが
「わたしらは絹の織物ネクタイがほとんどなので、こういう綿生地のネクタイは新鮮ですなぁ。ええもんできたと思います」
それこそ、一生ネクタイ見てきた人に独特のイントネーションで言われるとそんな気になってしまいます。

トラッドや60年代のアメリカンスタイルでいえばレップタイあたりがお決まりなのですが、私はそれより少しくだけてジーンズ・シャツ・ジャケットの組み合わせが好きです。そうなると、やはりシルクタイよりは綿織物のネクタイが良く似合います。(シルクでもニットタイは良く似合うのですが)



そして、最近のお店の様子。
棚を作ったので、その上にネオンを配置しつつ、もうひとつは最近はまった(いまさら)ツーリスト時代のバングルです。

Brooks Brothers, Milton F Goodman



ブルックスのツイードスポーツコートの袖丈をなおしているところです。
古着屋さんで買ったのですが、ちょっと袖丈が長く、とりあえずほどいてみようか・・・と見てみると、袖口のホールが飾りもの。これは直しが楽です。

ジャケットを見るようになると、いわゆる本開き、本切羽の袖口に「お~」とかなるのですが、既製品は直しやすい方が良いです。
そしてほどいてみると、袖口の芯が薄手のキャンバスを使っています。
ちなみに、このジャケット、内ポケットの周りにステッチが入っているのでそれなりに古そうです。(完全にテーラーケイドさんのうけうりですが)

去年、もっと新しい年代のブルックスもやはり、袖口で丈詰めをしたのですが、そちらは明らかに化学繊維の芯でした。
化繊の芯は確かに軽いのですが、この重たいキャンバス芯もこれはこれで、風合いがあって良いなぁと思います。


そして、探し出してくれた古着屋さん、ありがとう!!!!!と言いたくなる、Milton F Goodman Shirtの箱です。箱だけですが、飛び上るほどうれしいです。

Hand Tailored

長かった・・・ 去年の冬から初めて半年近くかかりましたが、総手縫いのネクタイ、完成しました。
う~ん、かわいい。かわいすぎる。

マドラスも良いですが、染めたマドラス生地で作ったのもまた良いです。ベースにした生地の色合いにより赤みがかったダークマドラスと、ブルーがかったダークマドラス、二種出来ています。
ダークマドラスは、かわいさ抑え目で渋いです。

今日はたまたまNaval Service Shirtを着ていたので、さっそく合わせてみましたが、やっぱり良い!
WORKERSにしてみればすごい量を作ったので、売れなかったら一生自分でします。

Upcoming


とてもベーシックな組み合わせ、ワークパンツにワークシャツ。カバーオールもあります。

最近はトラッドやスポーツウェアも作っているWORKERSですが、やはり大元はこれ、ワークウェアです。
自分でも結局一番良く着るのはこんな組み合わせです。
(そう言いながら、先日お客様とすれちがった時には、ジーンズ、無印のボーダー、フェルナンドレザーのサンダルだったのは内緒です)

金曜・土曜日ごろにアップ予定で、日曜日には店舗にもサンプルを持ち込みます。
ご期待ください。