Shadow Stripe


昨日、お送りした製品には来月登場予定のシャドーストライプ、生地見本を入れています。
やっと、ギザギザ刃の抜き型を作ったので綺麗に切れています。

お馴染みJ.L.Stifel社の生地で今回、オリジナルのデッド、ある程度洗いこまれている物、二種類をサンプルとしてお借りして作る事ができました。
Stifel社自体、織布はやっていなかったので、土台に成る生地はある意味「何でもあり」なのですが、やはり昔の物なので大抵今ではやらない
ような生地が多いものです。

今回参考にしたオリジナルも、10番程度と太い糸で非常に粗く、かつテンションもゆるく織られています。
既製品で探しましたが、先ほども触れたように「現代ではあまりやらない」生地なのでありませんでした。
生地自体の強度が劣るため、広く売るには危険なわけです。
そこで、弊社別注でまずは土台の布を織ってもらいました。ここまでで3カ月。

さらに、この生地に染色・プリントとなるのですが、プリントが難しい工程でした。
まず、柄自体がとても微妙な柄なので版をシルクスクリーンで試す事3回。

その後、銅のシリンダーで版を起こし、さらに本番生地で試しプリント2回。
こちらは、薬剤の濃度、シリンダーを押さえつける圧力の調整の為です。
生地が粗い為、圧力が強すぎると裏まで抜けきってしまうためです。
今回は、表・裏、別版を作っているので裏まで抜けてはだめ。かといって、抜けなくても駄目。
この微妙な部分の調整に時間がかかりました。

やはり、オリジナルを作っていたStifel社は染色・プリントが専業。
長い事、かつ量も今以上にやっていたので、ノウハウがあったのだと思います。
それでも苦労はしたと思いますが。