Upcoming, January



1月アップの3月納品。Western Shirt, Ref ROEBUCKSの加工ありです。
オリジナルを参考にしながら、各縫い目・肩・カフスといった普通に着たら落ちる部分を意識的に色落ち。全体の色落ちは、やはりオリジナルを参考に薄め。
ワンウォッシュと加工、メリハリのある違いを作りたかったのでその差が良くでた加工に成っています。

加工、今までやりたいと思いつつ避けてきました。やはり、古着が好きなだけにどこかで加工物に対する意識があったのだと思います。
それでも、色落ちしたウェスタンシャツ、これを誰でも着られるようサイズを選んでもらえる状態で作りたい、その思いから初デニム加工を行いました。

やるならここしかないと、以前から懇意にしていた工場さんにお願いしました。仕事場からも30分ほどで行ける距離、ちなみにこのシャツを縫っている工場から10分。

どうしても、口で説明が出来ない部分があるのが加工です。だからこそ、私の好みを良くわかってくれる、良く見知った工場さんにお願いしました。




お次は、Wabashのワークベスト。
ワークベストってこれですよね?Uさん?
手さぐりで作りましたが、中々良い仕上がりに成っていると思います。

全体のカットをあまり絞ったり、曲げたりしすぎないで。また、フロントのラインもジャケットほど丸みを付けずに型紙を作りました。
ポケットの大きさも、ベストに合わせて再度大きさを検討。具体的には、ジャケットより少し小さくなっています。

6オンスの生地なので、濃い色のTシャツの上、またシャツの上に3月ごろちょうど良い厚みになっています。