How to make pocket





これで合っているでしょうか? 
自分で縫ってしまえば、指示が無くとも実物を見ればわかるのですが、いざ「量産」する時にはこのような仕様書がどうしても必要になります。

一度作って置けば、繰り返しその仕様をするときも楽です。
やはりポイントは二本針の平をふんだんに使っている事ですね。

部品をまとめてからロックあり、切りカマあり、中間工程でシャツ穴あり。
中々、工夫に富んだ仕様です。