Godfather Waltz



先日、人と話していて「好きな映画は何?」と聞かれてとっさに出たのがゴッドファーザーでした。

後から考えれば、シカゴ、シービスケッツ、海の上のピアニスト、シンデレラマン、セントオブウーマン、いろいろあるのですが、とっさに出たのがゴッドファーザー。

マリオプーゾの原作も翻訳ですが読みましたし、何より「マフィア研究家」の常盤新平先生(お会いした事も無いですが勝手に先生です)の影響が大きい。

曲も好きです。ゴッドファーザーと言うと、あのヤンキーがバイクのホーンで演奏する
「タラリ タラララ、タララララー」 (本当は Love Themeという曲です)が有名ですが、映画を見た人であれば象徴的に使われるのがGodfather Waltzと感じるのではないでしょうか。

そして、何より印象に残っている理由は、私が悩み抜いている時に見たからだと思います。
製品作りを始め、少しづつ反応もいただけるようになりました。その影で、いろいろあきらめました。

やり場の無い気持ちを酒におぼれながら、映画を見る事で晴らしていました。

そんな時に見たのがゴッドファーザー。特に1と2で、頑張れば頑張るほど、結果は出るけれど家族は壊れて行くマイケルコルレオーネの姿をじっと見ていたのを今での覚えています。

人生、楽しいだけならば良いですが中々そうもいきません。酒も少し苦いからおいしいのと同じだと思います。
そんな時に見たり、感じたりした事は後から考えると一生の思い出になっています。(渦中に置かれている時は、そんな余裕はありませんが)