無理やり

WORKERSでは初めて、加工の入ったウェスタンシャツを作成中です。
春先に軍パン+色の落ちたウェスタンを着たいのです。
ウェスタンシャツを作っているメーカーもたくさんありますが、少しデザインが入りすぎてるなぁと思いつい手が出ませんでした。
モデルはローバックスの偽フロントヨークの一枚。

このシャツ、良く見てみると無理やりな仕様が多々あります。 





開き部分、前立て縫いミシンを使っているのですが、剣ボロの端からステッチ落ちまでが狭すぎて袖が入りきらず裂けています。
気持ちはわかります。フロントのように、ステッチを生地端から奥にする事が出来ないので(デザイン的にもおかしいです)、こうならざるを得なかったのでしょう。
量産には向いていますが、弊社製品の品質としてはNGです。なので、ここは平ミシンでこの幅の始末に変更します。




後ろヨーク。ここも二本針チェーンステッチミシンで無理やり縫っています。
もともと、急角度がつけられないミシンなので、ヨーク部分はゆったりと曲げてはいるのですが、それでも目が飛んでいます。
ここも幅は同じで平に変えます。

このように「Vintage=正解」では無く、今見れば無理やりだろう!という仕様も多々あります。
ただ、それらを全部除いてしまうと、せっかく自分の好きな古着やビンテージの風合いが全くなくなってしまいます。

たとえば、今回の始末でいえば、剣ボロの幅、形。ヨークのステッチ幅、こういった部分は真似しつつ、問題の起きる部分を他の始末方法に変えます。
これで、雰囲気は維持しながら品質を上げようという訳です。