完璧


先日から試行錯誤しているバッグの口止め部分。
穴を開けてから、止め具をペンチで止めるというアナログな物を使う事にしました。
打ち具がそれなりに良い値段がするので、どんなものかと思っていたら・・・火造りの良いのが届きました。
さっそく、量産に使う生地を量産と同じ厚みにして抜いてみると・・・完璧です。(当たり前ですが)

ミシンのラッパ、ボタンの打ち具、穴あけ具など、量産製品はその製作工程に金具が満ち溢れています。
こういう部分をいわゆる「メーカーさん」任せにしてしまえば、楽に物は作れるのですが、ノウハウがたまりません。

何より、私自身、古着や既製品を見るたびに「どうやって作るのだろう?」とその工程を推測し、リサーチし作ってみる事が好きです。いざ作ってみると、簡単そうに見えて工夫がたくさんあるのがわかります。今回の口止めも、いろいろ試して良い物が見つかったと思います。



こちらは、また別な製品のポケット。こちらも完璧。
最近導入した2本針平ミシンがさえます!角角の、ごくいい加減なチョウチョの出方。
これは、ビンテージ二本針ならでは。(いや、現行でもケンケン使わなければ出るのですが)

でも、いざ縫ってみると、現行ミシンと古いミシン、やはり感覚が違うのです。
縫いあがってしまうと、中々わかりづらいのですが。