Upcoming, November

http://www.e-workers.net/store/upcoming.htm

11月アップ予定の製品を一部掲載しました。




 カバーオール、これはある意味ビンテージでもWabashなんかよりよっぽど出ない生地。
春夏ではこれでショートパンツという、軽い企画にしましたが今回はリアルに。
この手の生地のカバーオール、最初に知ったのはRRLが10?15年?ぐらい前に作っていたの。
微妙に今回の生地とは柄は違うのですが、同じ方向性のもの。

その後、有名なシアーズカタログ1908復刻版を手にして眺めていると・・・う~ん、あるじゃないかと。たぶん、これも同じ方向性だろうなぁと。

後に、RRLの一着は、オリジナルをジョングラッコーさんが持っていたのをFree&Easyで知りました。

で、さらに時が経ってとある知人のところでも似た生地のジャケットを見て頭の中に刷り込まれていました。

そんな風に刷り込まれたところに出会ったこの生地。いきなりアレンジ物で使ってしまいましたが、やはりオリジナルでありそうな一枚も欲しいと思い作りました。

カフスをあえてシャツと同じ作りに。台襟も無い一枚襟。
ポケットもシンプルに。でも胸ポケットでは少しだけ色気を出してしまいました。

腰ポケットは柄あわせをしています。今回はOWをアップしましたが、先日筒で試験をしていた色を少し落としたものもラインナップします。





 こちらは、ちょうど一年ほど前、とあるお客様から「ストライプワークシャツが欲しい」なんて話をしていて考えた企画。ただ、目当てにしていた生地がすでに廃番で、そこから生地屋さんに自分の持っていたサンプルを見てもらって生地企画を起こしてもらいました。

生地自体、春先には出来ていたのですがある程度厚みのある生地なので、「まだだな」と伸ばしているうちに中々作れませんでした。

おかげで、その間に企画が煮詰まり良い物に成ったと思います。

細いヨーク、5角形のポケット、チンストラップ、裾のカッティングと 古いワークシャツのディテールを取り入れました。ボタンは、金属・2ピースの糸付け。ボタン付けはもちろん×つけしています。

シャツとしては少し大きな金属ボタン。高価ではありますが、その値段に見合った良い出来のボタンだと私は感じています。

同じ生地でパンツも作成中です。また、完成次第Upcomingに掲載します。