Upcoming, Autumn, Winter

7月~9月までに受注予定の製品一覧をアップしました。

毎度のことながら、製品をその着用時期に合わせてお送りしようとすると、企画自体はだいぶ早めに動きだす事に成ります。
コレクションブランドは8月には秋冬がお店に並んでみたり、かと思えばベーシックなメーカーは当然8月はTシャツを売っています。
季節があって無いような世界なのですが、私の場合は着用時期に合わせた納品を目指しています。

July
-Engineer Jacket, Duck Black, Surfer Dyed, Hickory
ショート丈のエンジニアジャケット。
以前作った191-Jを見本に作った物はあくまでビンテージに近い、直線的なシルエットでした。
今回は、WORKERS得意の立体的な袖、絞ったウェストでエンジニアジャケットを作ります。
初めて、ヒッコリーもラインナップする予定です。

-Western Shirt,Cotton Sateen,
先日アップしたGWGのウェスタンシャツ。自分で着られないサイズが悔しく、裾が切られているのも残念。
このシャツを生地屋さんに見せたところ、あまりに「どんずば」な生地が見つかったので作ってみようと思います。
スナップボタンも、かなり良い線をいっている物がいきなり見つかるあたり、導かれているのかもしれません。

-Trouesers,Slim, Khaki, Ref MIL-T-2064A
久しぶりに、41カーキを現代的シルエットでアレンジしたトラウザーズを登場させます。
WORKERSも数年やっていると「あの時のあれが欲しかったのに!」というご意見も多くいただくようになりました。
本人は、次々と新しい物を作りたいのですが、そればかりやっているのもどうかと思うので、久しぶりにベーシックな製品を再登場させます。
あの細みのシルエット、確かにカッコいいのです。サンフランシスコあたりのおしゃれなにいちゃん達がこんなトラウザー、というか「チノ」ですね。クタクタになるまで穿いてるの見ると、つい自分でも足を通したくなります。
マーセライズ加工により、すべすべ、パリパリの生地表面も洗うほどになじんでいくのが特徴です。