良さを説明しづらいシャツ



http://www.e-workers.net/aclothing/shirt_oxford/1.htm

オックスフォードの半そでシャツをアップしました。
手に入れるまでは「ぼやっとした色・柄が良いなぁ」程度だったのですが、手にしてみれば見るほど良くできたシャツです。

まず、縫製が恐ろしくうまい。チェーンステッチを多用しながら、柄をここまで合わせるのは簡単なことではありません。
裁断するひと、縫製するひとの技術だけでなく、それらを統合する誰かが居た事を伺わせます。

仕様も、ハンガーループあり、襟のボタンどめあり。いわゆるどIVYの仕様です。
アメリカ製であることをうたってはいないのですが、推測でアメリカンクロージングのコーナーにアップしました。

もともとワークウェアから始まったWORKERS。その途中で、かねてからのブームでトラッドにはまり、製品を良く良く見ればワークウェアとさして変わらないミシンが使われていたり(セッティングはだいぶ違うことが多いですが)やはり、アメリカ製らしい、下手上手な縫製が見られたりとはまってしまいました。

それと、ジーンズに合わせやすいというのが何よりのポイントです。
普段はジーンズにワークシャツ、カバーオール、ワークブーツ。
これをBD+スポーツコートにするだけで、今だったらたいていの場所で大丈夫です。ワークブーツが厳しければ、ストレートチップにするなり、くだけた雰囲気が良ければチャッカにするなり。

私自身、もともとフライト・ワークといった「どアメカジ」ばかりから入っていきました。スタジャンまで着ていた時期もあります。
それが年齢と共に、もう少し落ち着いた格好をする場面や、自分にもしたいという気持ちが起きてきます。
そんな時に0からワードローブをそろえるのでなく、手持ち+αで幅を広げられる物を、となるとアメリカントラッドが一番手っ取り早い方法でした。

シャツ、トラウザーからアップを始めていますが、まだまだスポーツコート初めいろいろと洋服はあります。
もちろん、昔の物が多いので今見ると合わせづらい物も多いのですが、そういう物も含めて、自分で見て、袖を通してみないと自分の求めるシルエットや仕様は見つかりません。
WORKERSを作る事で、自分にとっても良い勉強になっています。